トップ > ヨーロッパ > エストニア > タリン特派員 > バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)最高峰の山に登るの巻

エストニアエストニア/タリン特派員ブログ

バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)最高峰の山に登るの巻

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年2月16日

Tere! (エストニア語で、こんにちはの意)


今回はタリン市内の話ではなく、タリンから1日がかりでバルト三国一高い山に登ってきた話をご報告したいと思います(夏の話です)。


その高い山とは『地球の歩き方 A30 バルトの国々 2019~2020 エストニア ラトヴィア リトアニア』p.106に載っている「スールムナマギ」のことです。


IMG_0458.jpg


Suur Munamägiというのは、エストニア語で、大きな卵の山という意味です。
Suur=大きい、Muna=卵、mägi=山です。


麓のレストランには、山の名前を連想させるような、卵の形をした卓球台がありました。


IMG_0525.jpg


あれ?なんだか片方が不利に感じる...?でもまさかね、エストニアの卓球台に限ってそんなバカな、なんてことを思いつつ、これからの山登りに備えて卓球は諦め、しっかりと食べ、追加の非常食も買いました。何があるかわかりませんからね。海外の山、しかもバルト三国一高い山に現地ガイドもつけずに登るわけですから。


時間の猶予がなかったので、トイレを済ませて、さっそくスタート!登山口までは階段があり、写真のような展望台があったのですが、登山口がどうしても見つからず早々にギブアップ!恥をしのんで、登山口を尋ねることになりました。すると......


IMG_0537.jpg


するとなんと「ここが頂上ですよ」とのこと!


「えっ!!!!!!! えーーーーーーーーっ!?」と、つい声に出して驚いてしまったのですが、よくよく考えてみれば、山の麓に展望台があってどうする。展望台は頂上にあってなんぼのもの。


でももうあまりの山の低さにびっくりしてしまいました。びっくりついでにコーヒーを飲んで一服(山頂にもカフェがありますのでどうぞお楽しみください)。


帰り道に、中腹あたりで確認してみたら、山頂と麓の両方が見えたほどです。すれ違ったエストニア人ご家族はバギーに赤ちゃんを乗せているじゃあありませんか!!!


「もうこれは山じゃないでしょ!!!」と思っていたら、


IMG_0456.jpg


展望台の営業案内のところにSuure Munamäe vaatetornと書いてありました。
Suure=大きい、Muna=卵、mäe=丘、vaatetorn=展望台です。


丘なんじゃん!!!


というわけで、今回は標高318メートル(標高の定義についてはウィキペディアなどで確認ください)、バルト三国一高い山についてご報告させていただきました。


こんなふうに書いてしまいましたが、展望台からの眺めはすばらしかったので、もしよかったらぜひ足を運んでみてください。


よい旅を。あなただけの旅を。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Chisato

エストニア・タリン特派員のChisatoが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

エストニアエストニア/タリン特派員
名前:Chisato

Chisato

はじめまして!エストニアの首都タリンに住んでいます。 これまでの海外渡航歴は60カ国くらいです。ブログでは、 「バルト三国に行ってみたいけれど、治安は大丈夫なの?」といった不安や、 「おいしい現地料理を食べたい!」「エストニアでしかできないことをしてみたい!」と いった期待に応えられるように心がけ、レポートします。 DISQUS ID @disqus_r3iNrbGCq4

タリン特派員トップにもどる

タリンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

タリン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > エストニア > タリン特派員 > バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)最高峰の山に登るの巻

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について