トップ > アジア > 台湾 > 台北特派員 > 台湾で牛奶果(スターアップル)を食べてみた!味や食感は?

台湾台湾/台北特派員ブログ

台湾で牛奶果(スターアップル)を食べてみた!味や食感は?

カテゴリー: 投稿日:2022年5月 9日

20-05-09-14-31-49-693_deco.jpg
マンゴーにバナナ、ライチなど台湾は果物天国! 台湾に住んで約2年の筆者みみですが、食べたことのない南国フルーツもまだまだたくさんあります。今回はその中でも珍しい牛奶果(スターアップル)を紹介します!


牛奶果とは?

22-05-09-14-31-00-830_deco.jpg
牛奶果はニョウナイグオと読みます。大きさは日本のりんごくらいです。断面が星に似ていることから別名スターアップル。果肉の白色部分からは粘度のある白乳液が出るため、ミルクアップルともよばれます。中国語では牛奶(ミルク)、果(果物)と表現。白い果肉は熟すと甘みが強くなり、食感は寒天のように変化します。


食感の観点から牛奶果は台湾で黃金果(ファンジングオ)に似ているとも。黃金果とは"黄金のこんにゃく"といわれる果物なのです。



牛奶果の切り方

22-05-09-14-32-57-147_deco.jpg


画像のようにくし切りにしてみました。牛奶果は熟して柔らかくなってからが食べごろであり、くし切りにすると柔らかすぎて食べにくい印象。


22-05-09-14-32-16-447_deco.jpg


続いて、半分にカットしてみました。これだと果肉部分も簡単にすくうことができ、食べやすい! きれいな星模様の出し方は牛奶果を左右半分に切るのではなく、上下で上と下に分かれるよう切るのがポイントです。せっかくきれいな星模様なので目でも楽しみたいですよね。



実食!牛奶果の味や食感は?

22-05-09-14-32-31-713_deco.jpg


実際に食べてみて、私が直感で思ったのが熟した柿です。食感も味もそう感じました。ほんのり甘く、とろっとした食感。食べるタイミングにもよるかもしれませんが、黃金果より柔らかい印象です。後味がぶどうにも感じる不思議な果物です。台湾の人に牛奶果の味について聞いてみると"釈迦頭が近い""柿とマンゴーの融合"など表現もさまざまでした。



まだまだコロナ禍ではありますが、自由に海外旅行ができるようになったらぜひ台湾で牛奶果を食べてみてくださいね。


(ライター:地球の歩き方特派員みみ)


にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

みみ さん

台湾・台北特派員のみみ さんが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

台湾台湾/台北特派員
名前:みみ さん

みみ さん

2020年7月より台湾生活開始。愛媛県松山市出身。ライター・ブロガー・日本語教師として活動中。おいしい&楽しいを求めて台湾のディープな場所を訪れています。看板のないローカルな食堂や山の中にあるレストランへ行くことも。趣味はグルメ・町歩き・写真。古い町並みと最先端とが入り混じる台北市。そんな魅力あふれる台北から最新情報をお届けします。現在夜間学校にて中国語勉強中。台湾に嫁いだリアルな話もブログにて発信。
ブログ:みみの台湾ライフ♪おいしい楽しいをお届け!
https://ameblo.jp/taiwanwangskitchen DISQUS ID @disqus_uwha4xGgCW

台北特派員トップにもどる

その他の台湾の特派員

タイペイ(台北)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

台北特派員トップにもどる

トップ > アジア > 台湾 > 台北特派員 > 台湾で牛奶果(スターアップル)を食べてみた!味や食感は?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について