トップ > オセアニア > オーストラリア > シドニー2特派員 > オーストラリア最大の都市シドニーの魅力を詳しく解説

オーストラリアオーストラリア/シドニー2特派員ブログ

オーストラリア最大の都市シドニーの魅力を詳しく解説

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2022年7月13日

CB7E610F-8048-433F-AD3F-D7A2B88333D9.jpeg

オーストラリア最大の都市シドニーでは観光場所も多く、多種多様な楽しみ方が考えられます。

 

意外と見落とされがちなのですが、オーストラリアの国土は日本の約21倍! 州や地域によってまるで違う国のように感じるほど気候や雰囲気が異なります。

 

そんな中でなぜシドニーなのか? シドニーはどんなところが良いのか、私が思う魅力を紹介します!

 

※ 現在オーストラリアでは観光客が戻りつつあるとはいえ新型コロナウイルスはまだ収束していませんし、規制は州によって異なる場合が多く、ルールは日々変わります。渡航の際は政府公式のウェブサイトなどをよく確認ください。

 


都会と自然が両方楽しめる

 

0DAC608C-F617-4023-AA28-4DE897814A0C.jpeg

都会的なイメージが強いシドニーですが、ほんの数十分電車やバスで郊外へ出ると豊かな自然も楽しめるのが魅力的です。

 

ボンダイビーチやマンリービーチ、ワトソンズベイなど海にもすぐに行けますし、国立公園も多数あるのでブッシュウォーキングも気軽にできます。

 

郊外に行く時間がなかったら、シティにもハイドパークやシドニーロイヤルボタニックガーデンなど緑が多くある場所があるので行ってみてください。そこは地元の人たちも憩う休憩場所です。

 


ショッピングとグルメ

 


43A750EA-136F-43D1-A4AA-A3E9E0246DA6.jpeg

高層ビルやショッピングセンターなどが密集しているシドニー中心部は、ショッピングやグルメを楽しむのに最適です。

 

ROXY や BlLLABONG などのサーフブランド、Uggブーツのお店、コアラやカンガルーなどをモチーフにした商品が揃うお土産物店など、さまざまなお店が並んでいます。

 

中心部にはウエストフィールドやデビッド・ジョーンズ、QVB など多くのショッピングセンターがあり、もしチャイナタウンなどほかのショッピング街へ行きたければライトレールを利用すると移動が簡単です。(公共交通機関の利用はオパールカードというICカードを使用しますが、クレジットカードでの直接支払いも可)

 

飲食店もシドニーの町が見渡せる眺めの良い高級レストランや、ローカルなカフェ、アジア系の食事など好みや予算に合わせて選択肢がたくさんあり、迷ってしまうほどです。

 


様々な文化を楽しめる

 

6CB7DFFA-81EB-4E1C-930C-E96E7D3FA8CD.jpeg

オーストラリアには色んなバックグラウンドを持つ人たちが住んでいるので、多国籍な文化に触れる機会も少なくありません。

 

色々な国の料理を楽しめますし、シドニー郊外にはアジアやヨーロッパなどのコミュニティがあり、ここは本当にオーストラリアなのだろうかと思ってしまう地域もあります。

 

たとえばチャッツウッド、ハーストビルなどは中国、ストラスフィールドは韓国、ライカートはイタリア、パラマッタは中東、マリックビルやカブラマッタはベトナムなど。日系のお店はハーバーブリッジを越えたノース方面に多いです。

 

時間に余裕があれば、探索してみるのも楽しいかもしれませんね!


 


意外と歴史もある

 
FD54777E-0D6F-4EF8-A8A9-52546CFB97B0.jpeg

オーストラリアは歴史が浅い国といわれています。

 

西洋人がオーストラリア大陸に入植を始めたのが1788年、イギリスの植民地から国として独立したのが1901年なので確かにそうかもしれませんが、それなりに興味深い歴史はありますし、そもそも先住民であるアボリジナルの人々は何万年も前からこの地で暮らしていました。

 

それゆえに西洋人入植の際に起きた悲しい歴史も有名ですが、シドニーで最も人気な観光名所であるロックスは西洋人が作ったオーストラリアで最も古い町です。

 

シドニーをよく見渡せば植民地時代の古い建物が残っていることに気づくかもしれません。オーストラリアでは100年以上前に建てられた建物が現在もオフィス、飲食店、ショッピングセンター、博物館など現役で使用されていことも珍しくありません。

 
あちこち散策しながら過去に思いを馳せたり、英語にはなりますが歴史的ツアーや博物館に行ってみると、また違ったオーストラリアの一面が見えるかもしれませんね。


 

さて、あなたはどんな風にシドニーを楽しみますか?

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Eri  オーストラリア さん

オーストラリア・シドニー2特派員のEri オーストラリア さんが現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/シドニー2特派員
名前:Eri オーストラリア さん

Eri  オーストラリア さん

2006年に地元の九州からワーキングホリデーでオーストラリアに来たのがきっかけで、ご縁があり永住しています。もともと旅行や写真撮影が趣味で、オーストラリアでしかできない経験をと現地の空気に触れているうちにメジャー観光地はもちろん、日本ではまだあまり知られていない場所や歴史などに興味を持ちはじめました。特にシドニーは知れば知るほど興味深い町だと思っているので、そんな魅力をお伝えできれば嬉しいです。 DISQUS ID @disqus_V3AKeo4PFN

シドニー2特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

シドニーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

シドニー2特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > シドニー2特派員 > オーストラリア最大の都市シドニーの魅力を詳しく解説

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について