トップ > オセアニア > オーストラリア > シドニー特派員 > 数字で見る今世紀のオーストラリア

オーストラリアオーストラリア/シドニー特派員ブログ

数字で見る今世紀のオーストラリア

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2000年12月31日

20世紀も今日で終わり。今年最後のコラムでは、今世紀のはじめと終わりで大きく変貌を遂げたオーストラリアを数字の面から見てみよう。
(参考: シドニー・モーニング・ヘラルド紙「オーストラリアの100年」)
●人口
1901年2000年
全体約377万4千人約1,910万5千人
NSW州約135万5千人約644万9千人
この100年で大きく変わったのは、多くの人が都市部に住むようになったこと。1901年の時点では、オーストラリア全体で羊は約100万頭いたのに、人口は400万人足らずだったそう。今ではシドニーだけで人口400万人を超えているけど、羊は何頭いるんだろう...?
●平均寿命
1901年1991-1996年
男性55.2歳76歳
女性58.8歳82歳
日本にはちょっぴり及ばないけれど、オーストラリアもかなりの長寿国なのだ。ちなみに、死因の第一位は昔は結核、今は心臓発作。
●平均収入
1915年2000年
男性$5.65$769.60
女性$2.73$514.10
仕事を持つ女性の数は飛躍的に増え、男女間の待遇差はうんとましにはなっているけれど......。パートタイムで働く女性が多いことを考えると、フルタイムで働く人だけの調査結果が興味深いかも。
●家族
1901年2000年
婚姻件数27,753114,300
離婚件数39852,600
出生数102,945248,870
世界的な傾向のようだけど、オーストラリアでも初婚の年齢は上がる一方で、結婚しない人が増えている。結婚しても、離婚する確率は46%で、平均的な家庭のサイズは今では3.1人。21世紀に一番変わるのは結婚制度とか、家庭のあり方だったりして。
●一人当たり年間アルコール消費量
1901年2000年
ビール54.6リットル93.2リットル
ワイン4リットル19.8リットル
スピリッツ-1.4リットル
これって、人口1人当たりってことは赤ちゃんの数も入っている!? ホントにオージーってビール好き!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
みなさま、どうぞ心安らかな新年をお迎えくださいね!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

南田 登喜子

オーストラリア・旧シドニー特派員の南田 登喜子が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/旧シドニー特派員
名前:南田 登喜子

南田 登喜子

オーストラリアを皮切りに、7年かかって五大陸70ヵ国余りを放浪。生活経験のある海外10都市をはじめ、世界中にステキな街がたくさんあることを実感したものの「やっぱりオーストラリアが好き!」で振り出しに戻る。フリーライターとして活動する一方、フォトグラファーのパートナーと共にエコツアー会社IECオセアニアを経営。URL:だから!やっぱり!オーストラリア

シドニー特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

シドニーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

シドニー特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > シドニー特派員 > 数字で見る今世紀のオーストラリア

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について