トップ > アジア > 中国 > 蘇州特派員 > 中国・重陽節に重陽糕を食べる風習を体験してみよう

中国中国/蘇州特派員ブログ

中国・重陽節に重陽糕を食べる風習を体験してみよう

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2021年10月14日

ニーハオ! 蘇州特派員もりもりんです。


本日2021年10月14日は旧暦9月9日にあたり、重陽節(ちょうようせつ)という日です。中国の古典「易経」では「九」という数字が陽の数とされ、9月9日が「九」がふたつ重なるので、「重陽」と名づけられたそうです。


重陽節には、山を登ったり、菊の花を観たり、重陽の蒸し菓子を食べたりして無事を祈る風習があります。蘇州のモチ菓子店で、この時期特別に販売される「重陽糕」というモチ菓子を紹介します!


蘇州は甘いモチ菓子の老舗がいくつかあります。昔はもっと多かったそうですが、食生活が変化する時代の流れとともに少なくなっていきました。そんな老舗の「萬福興」に行ってみました。

3dad5dd273df163e20c434d6bbb000e.jpg

蘇州市内に支店がいくつかあり、こちらは地下鉄の駅から近い便利なお店。並びは野菜やお惣菜を売るお店が軒を連ねていて、地元の人がモチ菓子を買い求めていました。


こちらが「重陽糕(重阳糕)」。ひとつから購入できます。

ea2d6a58e9280746c6eac66cb950406.jpg


「重陽糕」はひとつ2.5元(約42円)でした。

33d568793fe98c1a794361de8995038.jpg


こちらの「重陽糕」はもち米の粉と、うるち米の粉に砂糖を混ぜて蒸したもので、あずき餡が挟んでありました。お店によって形は異なるようです。モチモチで甘くておいしかったです。ただ1個食べるとお腹いっぱい!

258abc60bcfd74e610dae9207f82ed0.jpg


「萬福興」はどこの支店も地元の人にとても人気で、季節限定のモチ菓子は、朝早くに売り切れます。コロナが終息し、蘇州旅行に訪れた際は、ぜひ朝早くおでかけください。


■■■お店情報■■■
萬福興
・住所: 苏州市东吴北路142弄17号
・営業時間: (春・秋)6:00~14:00/(夏)6:00~11:00/(冬)6:00~16:00
・アクセス: 地下鉄4号線「団結橋」駅から徒歩約240m

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

もりもりん

中国・蘇州特派員のもりもりんが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/蘇州特派員
名前:もりもりん

もりもりん

2012年から中国・蘇州で暮らしています。中国の面白い生活と、美味しいものに目がありません! 東洋のベニスと呼ばれる水の都・蘇州の魅力をお伝えしていきたいと思います。ブログで蘇州での日々の生活をつづっています。 DISQUS ID @disqus_85Lwu6hnL7

蘇州特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

ソシュウ(蘇州)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

蘇州特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 蘇州特派員 > 中国・重陽節に重陽糕を食べる風習を体験してみよう

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について