トップ > アジア > 中国 > 蘇州特派員 > 蘇州の季節限定グルメ「海老まみれ麺」と「ザリガニ麺」

中国中国/蘇州特派員ブログ

蘇州の季節限定グルメ「海老まみれ麺」と「ザリガニ麺」

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2021年6月25日

ニーハオ! 蘇州特派員もりもりんです。


蘇州には期間限定グルメがたくさんあります。今回はその中から、初夏から夏限定のグルメのひとつ「三虾面(海老まみれ麺)」と「小龙虾拌面(ザリガニ麺)」を紹介します!

IMG_6392.JPG


今回訪れたのは、蘇州麺の人気店「姑蘇橋麺館」。今年2021年にできた新しいお店ですが、時間帯によっては行列ができる人気店です。

IMG_6360_500.jpg


こちらが「三虾面(海老まみれ麺)」。「三虾(3つの海老)」という名前の通り、「虾籽(エビの卵)」と「虾脑(エビの頭部にあるオレンジ色のもの)」と「虾仁(エビの身)」を和えた混ぜ麺です。とても小さい海老を剥くのはとても手間のかかる作業なので138元(約1700円)とお高め。

IMG_6405.JPG


店員さんが「写真をお撮りになったら、混ぜて差し上げますよ」と言って、私が写真を撮った後、手際よく混ぜてくれました。「三虾面」は海老好きにはたまらない濃厚なお味。とてもおいしかったです。またセットになっていた、小皿もスープもとても美味でした!

IMG_6393.JPG


そしてこちらが「小龙虾拌面(ザリガニ麺)」。中国では夏場にザリガニを食べる習慣があり、そのザリガニのむき身を和えた混ぜ麺です。海老まみれ麺の方より、しっかり濃い味付けでした。こちらもおいしかったです!

IMG_6394.JPG

ザリガニを食べたことがない方は、ザリガニって泥臭いんじゃないかと思うかもしれませんが、いまは養殖のものが多く臭みはありません。食感はロブスターに近い感じがします!


ここは麺メニュー以外もいろいろあるお店で、「定胜糕」というモチ菓子も食べてみました。

IMG_6396.JPG

「定胜糕」は蘇州の伝統的なモチ菓子で、もち米の粉と、うるち米の粉に「红曲(紅麹)」と砂糖を混ぜて、型に入れて発酵させてから蒸したものだそう。「定胜糕」を直訳すると「必勝モチ」になりますが、この名前は、一説には、南宋の時代に出陣する韩世忠の勝利を祈って蘇州の民衆が特別に作ったのが起源と言われているそうです。


食べた感じは、甘過ぎないモチモチ蒸しケーキ。おいしかったです!


コロナが収束して、いつかこの時期、蘇州を訪れた際にはぜひ召し上がってみてほしい蘇州麺メニューを紹介しました!


□■■お店情報■■□
■姑苏桥面馆
・住所: 苏州市姑苏区人民路1736号
・アクセス: 地下鉄4号線「北寺塔」駅下車、3番出口から出て、「人民路」という通りを南にまっすぐ3分ほど歩くと、左手にあります

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

もりもりん

中国・蘇州特派員のもりもりんが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/蘇州特派員
名前:もりもりん

もりもりん

2012年から中国・蘇州で暮らしています。中国の面白い生活と、美味しいものに目がありません! 東洋のベニスと呼ばれる水の都・蘇州の魅力をお伝えしていきたいと思います。ブログで蘇州での日々の生活をつづっています。 DISQUS ID @disqus_85Lwu6hnL7

蘇州特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

ソシュウ(蘇州)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

蘇州特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 蘇州特派員 > 蘇州の季節限定グルメ「海老まみれ麺」と「ザリガニ麺」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について