トップ > アジア > 中国 > 蘇州特派員 > 蘇州で必食の焼き小籠包の老舗「哑巴生煎」

中国中国/蘇州特派員ブログ

蘇州で必食の焼き小籠包の老舗「哑巴生煎」

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年12月19日

ニーハオ! 蘇州特派員もりもりんです。


今日は蘇州にある、焼き小籠包の老舗「哑巴生煎(ヤーバーシェンジェン)」を紹介します。

IMG_0421_500.jpg


日本で「焼き小籠包」と呼ばれている「生煎」は、最近は日本でも中華街などで食べられるようですが、知らない方のためにご説明! 「焼き小籠包」とネーミングされていますが、実際は小籠包を焼いたものではなく、小籠包より厚く肉まんよりは薄い皮で肉餡を包んで、揚げ焼きしたものです。


IMG_0431_500.jpg


哑巴生煎は60年以上の歴史を持つお店で、地元の人にも観光客にも愛される老舗です。 価格は年々値上がりしているようですが、2020年現在は、肉餡の生煎は1皿が8個20元(約320円)、野菜餡の生煎は1皿4個9元(約150円)でした。


哑巴生煎の生煎は「蘇式」で肉餡の甘じょっぱい味付けが特徴です。上海でも生煎は食べられますが、肉餡の味付けが異なります。


実は、私は蘇州式の甘じょっぱい味つけの肉餡がずっと苦手でしたが、蘇州在住7年にしてようやくおいしいと思えるようになりました(^o^)でも友人は初めて食べたときから「おいしい!」と言っていたので、好みが分かれる味かもしれません。


注文と支払いは、入口のカウンターで注文して料金を先払し、お店の奥にある受け取りカウンターで自分で受け取るシステムです。焼き立てが提供されるので、焼き立てのタイミングが合うとすぐに受け取れますが、タイミングが合わないと長蛇の列に並ぶことも。


牛肉粉丝汤(牛肉と春雨のスープ)と一緒に食べるのがおすすめです。

IMG_0417_500.jpg


平日でも昼時はすぐに満席になるお店です。とにかく早め、平日お昼なら11時までに行くのがおすすめです。コロナが収束し、自由な海外旅行が再開されたらぜひ訪れてみてください。


□■■お店情報■■□
哑巴生煎(临顿路店)
・住所: 苏州市临顿路和史家巷交叉口南150米路西
・アクセス: 地下鉄4号線「察院场」駅から東に徒歩1km/地下鉄1号線「临顿路」駅から北に徒歩800m

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

もりもりん

中国・蘇州特派員のもりもりんが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/蘇州特派員
名前:もりもりん

もりもりん

2012年から中国・蘇州で暮らしています。中国の面白い生活と、美味しいものに目がありません! 東洋のベニスと呼ばれる水の都・蘇州の魅力をお伝えしていきたいと思います。ブログで蘇州での日々の生活をつづっています。 DISQUS ID @disqus_85Lwu6hnL7

蘇州特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

ソシュウ(蘇州)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

蘇州特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 蘇州特派員 > 蘇州で必食の焼き小籠包の老舗「哑巴生煎」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について