トップ > アジア > 中国 > 蘇州特派員 > 上海蟹を名産地・陽澄湖で食べる2020

中国中国/蘇州特派員ブログ

上海蟹を名産地・陽澄湖で食べる2020

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年10月27日

ニーハオ! 蘇州特派員もりもりんです。


最近の蘇州は最高気温が22度ほどで、とても過ごしやすい日が続いています。


食欲の秋の「蘇州の食べ物」といえば「上海蟹」! ちなみに、日本では「上海蟹(しゃんはいがに)」と言いますが、中国語では「大闸蟹(ダージャーシエ)」と言います。「しゃんはいがに」を中国語読みで「シャンハイシエ」と言っても中国では通じないのでご注意を。


そして「上海蟹」の名産地は、上海ではなく蘇州なのです! 上海蟹は中国国内では、遼河から珠江まで生息しているそうですが、長江流域の太湖、高郵湖などが有名な産地で、なかでも蘇州にある陽澄湖(阳澄湖/ヤンチェンフー)産のものが高級品で美味だとされています。


そんな上海蟹の名産地・陽澄湖には蟹の養殖農家や、農家料理を提供するお店がたくさんあります。今回はその中のひとつに行ってみました! (以前行ったお店はこちらの記事「「上海蟹」は実は蘇州が中国一の名産地!蟹ツアーへgo! 」でレポしています!)


友人がなじみの店に連れて行ってくれました。こちらは蟹市場の隣にあるお店。

IMG_4950.JPG


天気がよかったので外の席で食べることに。屋内の個室もあります。

IMG_4947.JPG


お店にはイケスがあって、新鮮な上海蟹がたくさん! (※上海蟹は死ぬと毒素が出て食べられなくなります)

IMG_4951.JPG


お店の中にあるメニュー表から、料理を注文します。上海蟹は重さによって値段が違うのですが、友人が「大きいのください!」と豪快に注文していました(^o^;)

IMG_4821価格表.jpg


オスとメスをひとり一杯ずつ注文。お店の人が器用に生きた蟹を縛り上げていきます。

IMG_4826修正.jpg


蟹をゆでている間に、ほかの料理を食べます。蓮根や鶏頭米など湖産物を炒めたものがおいしかったです!

IMG_4942.JPG


20分ほどして蟹の登場~!

IMG_4940.JPG


上海蟹は、脚より味噌や卵・白子を食べるのが醍醐味!

IMG_4944.JPG

3人で料理3品とビール1本、上海蟹6杯食べて全部で740元(約1万2000円)でした。このあたりはだいたいこんな値段だと思います!


コロナが収束したら、ぜひお出かけください。ただ、こちらのお店は来年は移転する予定だそうです~。


■□■お店情報■□■
■天澄蟹香农家菜
・住所: 苏州市阳澄湖美人腿澄林路八鲜美食苑内
・アクセス: 地下鉄「蘇州園区」駅からの場合タクシーで25分、あるいは路線バス87路で約50分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

もりもりん

中国・蘇州特派員のもりもりんが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/蘇州特派員
名前:もりもりん

もりもりん

2012年から中国・蘇州で暮らしています。中国の面白い生活と、美味しいものに目がありません! 東洋のベニスと呼ばれる水の都・蘇州の魅力をお伝えしていきたいと思います。ブログで蘇州での日々の生活をつづっています。 DISQUS ID @disqus_85Lwu6hnL7

蘇州特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

ソシュウ(蘇州)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

蘇州特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 蘇州特派員 > 上海蟹を名産地・陽澄湖で食べる2020

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について