トップ > アジア > 中国 > 蘇州特派員 > 蘇州の夏限定グルメ「風扇涼麺」を食べる

中国中国/蘇州特派員ブログ

蘇州の夏限定グルメ「風扇涼麺」を食べる

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年8月14日

ニーハオ! 蘇州特派員もりもりんです。


蘇州にはその季節にしか食べられない限定グルメが多くあります。今日は蘇州で夏に食べられる冷やし麺「風扇涼麺(风扇凉面)」を紹介します!


以前紹介したほかの夏限定グルメもぜひチェックしてください!<蘇州の夏限定「同得興」で楓鎮大肉麺を食べる ><"蘇州麺のエルメス"!夏限定「三蝦麺」を食べる ><蘇州の夏限定グルメ「炒肉団子」

IMG_0328_500.jpg


中国の「凉面(リャンミェン)」とは、中国各地で食べられるスープに入っていない冷やし麺のことで、麺をゆでたあとに水でしめるのが一般的なようですが、蘇州の「風扇涼麺」は違います。麺をゆでたあと、扇風機の風に当てて冷ますのです! 扇風機は中国語で「电风扇」というので、これがこの「風扇涼麺」の名前の由来になっているそうです。


「風扇涼麺」は毎年だいたい6月から9月まで店頭に並びます。蘇州面の専門店や、蘇州の小吃を出すお店で提供されるのが一般的です。


今回訪れた蘇州麺の専門店「朱洪元」では、「虾籽风扇拌凉面(エビの卵の冷たい混ぜ麺)」という名前で提供されていました。「烧头(シャオトウ)」と呼ばれる、麺に乗せる具は「青椒毛豆肉丝(ピーマンと枝豆の肉炒め)」を選んで、合計35元(約600円)でした。

IMG_0291_500.jpg


こちらではうれしいことに、「緑豆湯(绿豆汤)」がサービスでした! 「緑豆湯」は中華圏で夏に飲まれる飲み物で、身体を冷やす作用のある緑豆を煮て、蘇州ではもち米や薄荷水と混ぜたドリンクです。

IMG_0288_500.jpg


肝心の麺の味は、絶妙の塩加減で箸が進む味でおいしかったです。水でしめていないので、ぬるいのが身体にいい感じがします(^o^) これ、けっこうな量の油を絡めてあるので、食べながら混ぜすぎると油を大量に食べることになるので、油に弱い方はご注意を!


コロナが終息して、夏に蘇州を訪れた際にはぜひ召し上がってください。

IMG_0297_500.jpg


■□■お店情報■□■
朱洪元苏式面馆(石路店)
・住所: 苏州市姑苏区南新路91号
・アクセス: 地下鉄2号線下車「9合出口」から出て徒歩約15分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

もりもりん

中国・蘇州特派員のもりもりんが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/蘇州特派員
名前:もりもりん

もりもりん

2012年から中国・蘇州で暮らしています。中国の面白い生活と、美味しいものに目がありません! 東洋のベニスと呼ばれる水の都・蘇州の魅力をお伝えしていきたいと思います。ブログで蘇州での日々の生活をつづっています。 DISQUS ID @disqus_85Lwu6hnL7

蘇州特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

ソシュウ(蘇州)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

蘇州特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 蘇州特派員 > 蘇州の夏限定グルメ「風扇涼麺」を食べる

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について