トップ > アジア > 中国 > 蘇州特派員 > 「山塘街」蘇州で中国らしい古い街並みを感じる観光スポット

中国中国/蘇州特派員ブログ

「山塘街」蘇州で中国らしい古い街並みを感じる観光スポット

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年12月 4日

ニーハオ!蘇州特派員もりもりんです!


蘇州で中国らしい古い街並みを感じることのできる観光スポット「山塘街」をご紹介します。


IMG_0145_500.jpg


蘇州は水郷の街。
至るところに運河が巡り、「東洋のベニス」と呼ばれています。
この写真のような、運河のそばに古い蘇州らしい建築が立ち並ぶ「古镇(古鎮)」と呼ばれる場所は、蘇州近郊にはたくさんあるのですが、ここ「山塘街」は駅から近く交通の便が良いこと、コンパクトであることから、旅行での観光にオススメです。


食べ歩きも旅の楽しみのひとつですよね~。
蘇州ならではの小吃(軽食)を売るお店もたくさんあります。
これは「关东煮(関東煮:グァンドンジュー)」です。(3本10元=約170円)
名前を見てピンとくる方もいらっしゃるかもしれまんせん。
IMG_0151_500.jpg

そう、これは中国の「おでん」なのです!
日本で関西ではおでんのことを「かんとだき(関東煮)」と言ったりするようですので、これは関西から中国に渡って来たのかもしれませんね~。


お店のおでん鍋から自分で具を選んで、器に入れてもらいました。
お店のおばさんは、「肉なし」「肉入り」と言ってましたが、私にはどれも魚のすり身の味で同じような味でした(^_^;)
「辣酱(辛いソース)入れますか?」と聞かれたので入れてもらって、ピリ辛になって美味しかったです。


お次は、「糖粥」のお店へ。

IMG_0153_500.jpg

「お粥」という字を書きますが、お米は入っておらず、小さな白玉が入った日本の「おしるこ」のような感じです。


黄色い金木犀の花(中国語で桂花)と鸡头米(ハスの実)が入ったおしるこ。(1つ20元=約340円)

IMG_0130_500.jpg

中国語ではこのような素材が全て潰れてドロっとしたスープ状のものを「粥」と表現します。
甘さがしつこくなく、とてもあっさりしていてペロリと食べてしまいました。
白玉は日本のよりも小さいパチンコ玉くらいのものが一般的です。


通りにはお土産屋さんが並んでいます。

IMG_0154_500.jpg


山塘街にあるスタバは、中国らしい外観なんですよ!
中も蘇州らしい内装になっているので、街歩きに疲れたら是非寄ってみてください。

IMG_0155_500.jpg


山塘街
地下鉄2号線「山塘街」駅下車徒歩2~3分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

もりもりん

中国・蘇州特派員のもりもりんが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/蘇州特派員
名前:もりもりん

もりもりん

2012年から中国・蘇州で暮らしています。中国の面白い生活と、美味しいものに目がありません! 東洋のベニスと呼ばれる水の都・蘇州の魅力をお伝えしていきたいと思います。ブログで蘇州での日々の生活をつづっています。 DISQUS ID @disqus_85Lwu6hnL7

蘇州特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

ソシュウ(蘇州)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

蘇州特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 蘇州特派員 > 「山塘街」蘇州で中国らしい古い街並みを感じる観光スポット

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について