トップ > ヨーロッパ > フランス > ストラスブール特派員 > ストラスブールの大通りGRAND RUE(グランリュ)はアルザス語であふれている

フランスフランス/ストラスブール特派員ブログ

ストラスブールの大通りGRAND RUE(グランリュ)はアルザス語であふれている

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年11月11日

こんにちは、フランス、アルザス在住Coquelicotです。

フランス、アルザス地方は、フランス語だけではなく、アルザス語も存在します。

ストラスブールではあまり耳にすることは少なくなりましたが、アルザス語を存続させようという動きもあり、アルザス語が勉強できる協会や、アルザス語とフランス語のバイリンガルの学校などもあるようです。

アルザス語って?

さて、そんなアルザス語ですがWIKIPEDIAによれば

『アルザス語(Elsassisch, アレマン語: Elsässerditsch、Elsässische、標準ドイツ語: Elsäßisch、Elsäßerdeutsch、フランス語: Alsacien、Alsatian language)

は、フランス中東部のアルザス地方のドイツ語の方言。』

とあります。ドイツ語の方言と言ってしまったら、恐らくアルザス人はあまりよく思わないかもしれません。

ですが、フランス語よりは確かにドイツ語に近い言語です。

アルザス語表記のものも

ストラスブールでも、道の名前がフランス語とアルザス語表記のものもあり、今日はそのバイリンガル表記の道をいくつかご紹介したいと思います。

GRD0.jpg

ストラスブールの大通りGRAND RUE(グランリュ)

ストラスブールの大通りと呼ばれる道の周辺の小道は全てフランス語とアルザス語で表記されており、面白い名前のものも多く存在します。

GRD2.jpg

こちらは盲目通り

上に書いてあるのがフランス語

下がアルザス語です

GRD1.jpg

そしてその近くにコンタクト通りがあります

GRD3.jpg

こちらは鶏通り

GRD4.jpg

こちらは石鹸通り。

面白い名前の通りがたくさんあります。

アルザス語もよくよく見ると、ドイツ語の方言と言われるくらいですから、ゲルマン系の言葉で、ちょっと英語に近い感じもします。

市場などに行くと、村から来ている方もいるのでたまにアルザス語を聞くことができます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Coquelicot

フランス・ストラスブール特派員のCoquelicotが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/ストラスブール特派員
名前:Coquelicot

Coquelicot

行ったり来たりしながらフランス、アルザス地方に10代、20代、30代と過ごし早10年以上、(それ以上は数えないようにしています。) 美味しいものが大好きでアルザス地方のカフェ巡りとワイナリー巡りが趣味です。クリスマスマーケットや映画『ハウルの動く城』の舞台になったことでも知られてはいますが、パリや南仏に比べたらまだまだ知られていないアルザス地方は実は日本との関係も強く、そんなアルザスの良さをお届けできればと思っています。普段は国際展示会のアテンド、コーデイネート、PR、通訳などもしています。
アルザスの動画も配信中
インスタ
ブログ DISQUS ID @disqus_8XBrt1CReG

ストラスブール特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

ストラスブールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ストラスブール特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > ストラスブール特派員 > ストラスブールの大通りGRAND RUE(グランリュ)はアルザス語であふれている

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について