トップ > ヨーロッパ > スウェーデン > ストックホルム特派員 > 11月6日、7日はスウェーデンのお盆、Allhelgonahelgen

スウェーデンスウェーデン/ストックホルム特派員ブログ

11月6日、7日はスウェーデンのお盆、Allhelgonahelgen

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 / 生活・習慣・マナー / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年11月 8日

IMG_0588.jpg
Allhelgonahelgen(アールヘルゴナヘリエン)は、10月31日から11月6日の間に来る最初の土曜日であるAlla helgons dag(アッラ ヘルゴンズ ダーグ、諸聖人の日)と翌日の日曜日に当たるAlla själars dag(アッラ フェーラシュ ダーグ、死者の日)を合わせた休日(helgen)のことです。今年は、Alla helgons dagが11月6日、Alla själars dagが7日となっています。


この休日に、スウェーデンでは多くの方が墓参りに向かい、亡くなった家族や友人などにキャンドルや花などを捧げます。そのため、日本の習慣でいうと、お盆の感覚に近いです。
あちらこちらでキャンドルが灯された墓地はとても幻想的で、神秘的な雰囲気を醸し出します。とても美しい情景なので、それを眺め、厳かな雰囲気を味わうために、墓参りでなくても墓地を訪れる価値があると言われるほどです。


ストックホルムにある世界遺産Skogskyrkogården(スコーグスシルコゴーデン、森の墓地)もその例外ではありません。この週末は多くの人が訪れ、お墓にはもちろんのこと、木の下であったり、石碑の周りに多くのキャンドルが灯されました。
コロナ禍の今、多くの方がその犠牲となっています。それぞれが思い思いに点けるキャンドルは、より意味合いの強い灯のように感じられました。
IMG_0630.jpg
Skogskyrkogårdenは俳優Greta Garbo(グレタ・ガルボ)やAviciiこと、Tim Bergling(ティム・ベリリング)も眠る墓地です。やはり墓地ということもあり、気軽に訪れたり、写真を撮ったりすることに躊躇してしまいますが、Skogskyrkogårdenは観光地化されています。そのため、もしこの時期ストックホルム旅行の機会があったら、この森の墓地を一度訪れてみてください。キャンドルに輝く墓地は一見の価値があります。来年のAllhelgonahelgenは11月5日、6日です。
IMG_0639.jpg IMG_0642.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

たってぃ さん

スウェーデン・ストックホルム特派員のたってぃ さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スウェーデンスウェーデン/ストックホルム特派員
名前:たってぃ さん

たってぃ さん

2017年スウェーデンへ、2020年から首都ストックホルムに移住。英語や海外に興味を持ちはじめたのは12歳の時、『地球の歩き方』に出会ったのが十数年前。旅行前も道中も、いつも『地球の歩き方』を熟読。ガイドブックと同様、皆さんに読み込んでいただけるようなブログを目指してストックホルムの旬や”瞬”をお届けしていきます。石川県出身。 質問等ありましたらInstagramまでDMお願いします。 DISQUS ID @disqus_EW4rAOD5hg

ストックホルム特派員トップにもどる

ストックホルムを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ストックホルム特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スウェーデン > ストックホルム特派員 > 11月6日、7日はスウェーデンのお盆、Allhelgonahelgen

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について