トップ > ヨーロッパ > スウェーデン > ストックホルム特派員 > 世界最大の木造帆船Göteborg号は2022年スウェーデンからアジアの旅へ

スウェーデンスウェーデン/ストックホルム特派員ブログ

世界最大の木造帆船Göteborg号は2022年スウェーデンからアジアの旅へ

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年9月29日

IMG_3043.JPG


2021年8月終わりから9月初旬、Göteborg(ヨーテボリ)号はアジアに先駆け、ストックホルムまでテスト航行しました。
本拠地であるスウェーデン南部のヨーテボリから12日間かけて8月26日、最初の目的地であるストックホルムに入港し、9月4日出港しました。
ストックホルムでは船上を一般開放して予約制で見学ができたり、政府関係者をはじめとした招待客の見学、またパーティなどのイベントを行っていました。
IMG_3081.JPG


そして、9月12日、元のヨーテボリに戻ってきました。
そのため、10月2日から来年アジアに向けて出港するまでの間、ヨーテボリで見学が可能となっています。


ヨーテボリ号は、18世紀の船をモデルに、2005年に復元された船です。
航海の目的は、スウェーデンに在籍するパートナー企業のアジアとのビジネス促進、そしてサステナビリティについてプロモーションするためです。
IMG_3086.JPG


来年4月から2度目のアジアへの航行がスタートします。予定では約半年をかけて、最終目的地である中国を目指します。前回は2005年から2007年、同じく中国まで航行しました。航行はスペインからブラジル、ケープタウンなどを経て、インド、シンガポールをはじめとしたアジアの国々にも寄港していました。今回はスエズ運河を通過する別ルートとなるようですが、いくつか前回と同じ国々にも訪れる計画を現在行っているようです。


また航行のたびに、一部の船乗員を募集していて、アジアへの航行に向けたクルーをこれから募集します。ストックホルムへの航行では6000人を超える応募があり、新型コロナの影響もあって、船乗員を70名程度に絞ったそうです。
船乗員をはじめ、スウェーデンの夢と未来を背負ったヨーテボリ号に興味がありましたら、ぜひウェブサイトを訪れてみてください。ウェブサイト上では、ヨーテボリが現在どこに停泊しているのか、リアルタイムで確認することもできます。


IMG_3064.JPG


(参考)
■ヨーテボリ号
・URL: https://www.gotheborg.se/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

たってぃ さん

スウェーデン・ストックホルム特派員のたってぃ さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スウェーデンスウェーデン/ストックホルム特派員
名前:たってぃ さん

たってぃ さん

2017年スウェーデンへ、2020年から首都ストックホルムに移住。英語や海外に興味を持ちはじめたのは12歳の時、『地球の歩き方』に出会ったのが十数年前。旅行前も道中も、いつも『地球の歩き方』を熟読。ガイドブックと同様、皆さんに読み込んでいただけるようなブログを目指してストックホルムの旬や”瞬”をお届けしていきます。石川県出身。 質問等ありましたらInstagramまでDMお願いします。 DISQUS ID @disqus_EW4rAOD5hg

ストックホルム特派員トップにもどる

ストックホルムを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ストックホルム特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スウェーデン > ストックホルム特派員 > 世界最大の木造帆船Göteborg号は2022年スウェーデンからアジアの旅へ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について