トップ > ヨーロッパ > スウェーデン > ストックホルム特派員 > 夏至祭を野外博物館スカンセンで過ごす

スウェーデンスウェーデン/ストックホルム特派員ブログ

夏至祭を野外博物館スカンセンで過ごす

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年6月26日

IMG_2199.JPG


Midsommarafton(ミッドソンマラフトン)、夏至祭前夜はスウェーデンで最も大切なイベントです。今年は昨日2021年6月25日がそれに当たり、祝日となりました。また、夏至祭当日に当たるMidsommar(ミッドソンマル)は本日26日で、こちらも祝日となっています。
例年、雨が降ったり、日が差したりの繰り返しで、不安定な天候がつきものですが、ストックホルムでは今年は朝にざっと雨が降ったのみで、その後は夏らしい暑い1日となりました。


夏至祭前夜で有名なのが、ダーラナ地方で続く夜通し行われるイベントですが、ストックホルムでは、野外博物館スカンセンで行われるものが最も有名でしょう。ということで、昨日はスカンセンへ行ってきました。
現在新型コロナの影響で入場者数上限を5000人としているため、混雑が予想される25日は前売入場券が販売されていました。
そんな園内は家族連れなどでにぎわっていて、夏至祭の影響もあり、一層華やかに見えました。


というのも、krans(クランス)と呼ばれるカラフルな花冠を頭につけた大人や子供がたくさんいました。健康でいられるようにという意味が込められた夏至祭のコスチュームのようなものであり、スカンセン園内に限らず町なかにも花冠を身に着けている方がたくさんいました。


夏至祭といえば、シンボルであるmidsommarstång(ミッドソンマルストング)と呼ばれる葉や花で飾り付けられたポールの周りで、「Små grodorna(スモーグロードナ)」というカエルの歌(日本で耳にする「かえるの合唱」とはまったく別物)などを歌いながらダンスをしたりするのが恒例です。しかしながら、昨年に引き続き、今年もそれは中止となってしまいました。


IMG_2212.JPG


それでも、花冠を作れるワークショップがあったり、夏至祭らしいゲーム「みのむし競争」を体験できるスペースがあったりと、楽しめるスカンセンでした。


IMG_2185.JPG


来年こそは復活してほしい本来の姿の夏至祭。来年のMidsommaraftonは6月24日、Midsommarは6月25日です。海外旅行が気軽にできるようになっていたら、ぜひスウェーデンへ旅行に訪れ、ここスカンセンで夏を楽しみましょう!


ちなみに、現在スウェーデンではNetflixでホラー映画『ミッドサマー』を見ることができますが、実際の夏至祭は狂気に満ちたものではないので安心してください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

たってぃ さん

スウェーデン・ストックホルム特派員のたってぃ さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スウェーデンスウェーデン/ストックホルム特派員
名前:たってぃ さん

たってぃ さん

2017年スウェーデンへ、2020年から首都ストックホルムに移住。英語や海外に興味を持ちはじめたのは12歳の時、『地球の歩き方』に出会ったのが十数年前。旅行前も道中も、いつも『地球の歩き方』を熟読。ガイドブックと同様、皆さんに読み込んでいただけるようなブログを目指してストックホルムの旬や”瞬”をお届けしていきます。石川県出身。 質問等ありましたらInstagramまでDMお願いします。 DISQUS ID @disqus_EW4rAOD5hg

ストックホルム特派員トップにもどる

ストックホルムを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ストックホルム特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スウェーデン > ストックホルム特派員 > 夏至祭を野外博物館スカンセンで過ごす

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について