トップ > ヨーロッパ > スウェーデン > ストックホルム特派員 > アクティブなスウェーデンの冬の過ごし方

スウェーデンスウェーデン/ストックホルム特派員ブログ

アクティブなスウェーデンの冬の過ごし方

カテゴリー:天気・気候・気温 / 生活・習慣・マナー / 自然・風景 投稿日:2021年1月24日

IMG_0547.JPG


ストックホルムでは、先週マイナス10度近くになり今季で最も寒い期間となりました。また雪もたくさん降り、雪がほぼなかった昨冬に比べて冬らしい冬となりました。今週は一転、0度を上回る気温となり、雪がほぼ解けてしまいました。


そんな冬のスウェーデンでの過ごし方は、とにかく「外に出ること」です。寒いからと家の中に閉じこもるのではなく、外へ出てアクティブに過ごすことがおすすめです。雪が降ろうと、道が凍結しようと、防寒対策をばっちりしてウオーキングやランニングをしたり、サイクリングを楽しむ人をよく見ます。


雪が積もれば、森の中などでスキーができます。日本ではアルペンスキーがポピュラーですが、スウェーデンでは後ろかかとを固定しないクロスカントリースキーが主流です。
また湖が凍れば、スキーはもちろんのこと、スケートができるようになります。


IMG_7022.jpg


そして分厚い氷を割って釣りを楽しむ人の姿も。


IMG_0438.JPG


またたとえ冬でも関係なく外でBBQを楽しんだりもします。
写真はpinnbröd(ピンブレード)といって、スウェーデン語で「枝」を意味するpinne(ピンネ)にパン生地を巻きつけてグリルした食べ物です。枝は森に落ちているものを拾います。パンが焼けたら、バターやジャムとともにいただきます。飲み物はやはりコーヒーや紅茶が欠かせません。


IMG_7028.jpg


ちなみにスウェーデンの冬ですが、湿気がないぶん、日本よりも気温が低くても暖かく感じるかもしれません。ズボンの下にタイツを1枚、そしてヒートテック1枚にトレーナーやセーターを着込んで、防風ジャケットを羽織れば、マイナス3度ぐらいまでは大丈夫かと思います。そしてマフラーと手袋、ニット帽があれば防寒対策はばっちりです。そして屋内はどこも暖かいので、着脱のしやすい恰好がおすすめです。
靴については、やはりブーツなどできる限り寒さを感じさせない、また滑りにくいものが好まれます。ただ除雪もしっかり歩道までしてくれるので、雪が降ろうと、凍結しようとスニーカーで歩いている人、特に若者を多々見るのがスウェーデンです。


マイナス5度を超えると寒さの感じ方が少し変わり、マイナス15度を超えてくると顔が痛くなってきます。呼吸が苦しく感じることも。ただ、気温が下がるほど空気も澄んできて、空も美しいグラデーションを見せてくれます。雪もきらきらと降り、結晶がそのまま落ちてきているかのようで、道一面が輝いています。空気が乾燥しているぶん、べちゃべちゃ雪ではなく、さらさらとした雪であるのもいいポイントです。


IMG_6856.jpg


そんなスウェーデンの冬が僕は好きです。新型コロナが落ち着いたら、ぜひ皆さんにも体験してほしいスウェーデンの冬です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

たってぃ さん

スウェーデン・ストックホルム特派員のたってぃ さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スウェーデンスウェーデン/ストックホルム特派員
名前:たってぃ さん

たってぃ さん

2017年スウェーデンへ、2020年から首都ストックホルムに移住。英語や海外に興味を持ちはじめたのは12歳の時、『地球の歩き方』に出会ったのが十数年前。旅行前も道中も、いつも『地球の歩き方』を熟読。ガイドブックと同様、皆さんに読み込んでいただけるようなブログを目指してストックホルムの旬や”瞬”をお届けしていきます。石川県出身。 質問等ありましたらInstagramまでDMお願いします。 DISQUS ID @disqus_EW4rAOD5hg

ストックホルム特派員トップにもどる

ストックホルムを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ストックホルム特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スウェーデン > ストックホルム特派員 > アクティブなスウェーデンの冬の過ごし方

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について