トップ > ヨーロッパ > スウェーデン > ストックホルム特派員 > アーランダ国際空港およびスウェーデン国内線機内の現状について

スウェーデンスウェーデン/ストックホルム特派員ブログ

アーランダ国際空港およびスウェーデン国内線機内の現状について

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2020年8月31日

Stockholmblog3108201.jpg


アーランダ国際空港はストックホルム市中心から北におよそ42kmのところに位置する空港で、多くの場合、スウェーデン旅行はここから始まることとなります(フィンエアーをはじめ、いくつかのエアラインではこちらの空港を介さず、ストックホルム市内にあるブロンマ空港や各地方空港に直接飛行するものもあります。)


4つのターミナルからなる空港では、通常、国際線はターミナル2および5を、国内線はターミナル3と4を利用します。
しかしながら、コロナの影響で現在はターミナル2〜4を閉鎖しています(再開時期未定)。


Stockholmblog3108202.jpg


稼働しているのはターミナル5のみとなります。
8月初旬に利用した際は、ほとんどのカウンターは閉まり、利用者はいるもののかなり静まり返った印象でした。


Stockholmblog3108203.jpg
Stockholmblog3108204.jpg


以前と変わらず荷物はセルフで預けたあと、セキュリティチェックもすんなりと終わり、いざゲートへ向かいます。
国際線仕様のターミナルのため、免税店が数多く並び、国内線利用にもかかわらず、少しワクワクしました。
ただ通常パスポート審査がある箇所も開放されていたので、少し違和感がありました。
そして給水スポットがあるので、そこであらかじめ持ってきたマイボトルに給水して搭乗準備完了です。


Stockholmblog3108205.jpg


機内は当然のことながら、空港内においてもマスクを着用するように案内がされていました。


今回はSASこと、スカンジナビア航空の国内線を利用しました。
搭乗時は通常だと優先搭乗がありますが、コロナのためになく、後部座席利用者から順番に機内へと案内がありました。
機内に入ると、フライトアテンダントの方から個装の除菌シートをひとつもらいました。
座席につくと、毎回読む機内誌がやはり置いてなかったのが残念でした。


SASプラスという国内線の最上位クラスの座席を利用しても、優先搭乗のほか、残念ながらファストトラックやラウンジの利用はできませんでした(9月1日から、アーランダ国際空港においてファストトラックおよび一部のSASラウンジが再開されると発表がありました)。
飲食物の提供もないため、上位座席を利用する唯一のメリットがあるとすれば、SASプラスでは座席に余裕があることです。普通席ともに3-3の横1列ですが、混雑する普通席に比べて、3人がけの席を独り占めして、ほかの利用者と間隔を空けてゆったり座れました。


降機時は、通常通り前部座席から順番に、今回利用した空港では後方扉も開放されたため、そこから後部座席利用者は降機していました。


Stockholmblog3108206.jpg


ちなみに、アーランダ国際空港発着フライトについては、8月24日現在、国際線はヨーロッパをはじめ、アジアでは北京など、そしてアフリカではアディスアベバと、計46路線、そして国内線は17路線の利用が可能となっています。しかしながら行先によっては曜日ごとにフライトがなかったり、便数が少なかったりするのが現状です。


その関係で、アーランダ空港とストックホルム市内を結ぶ一部の交通機関、特急列車のアーランダエクスプレスとFlygbussarnaというバスは、ほぼ通常通り運行されているものの、早朝やある特定の曜日は運行間隔がより長く取られたりしています。


次回からは、このフライトを利用して旅してきた北スウェーデンにあるLuleå(ルーレオ)とPiteå(ピーテオ)を紹介したいと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

たってぃ さん

スウェーデン・ストックホルム特派員のたってぃ さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スウェーデンスウェーデン/ストックホルム特派員
名前:たってぃ さん

たってぃ さん

2017年スウェーデンへ、2020年から首都ストックホルムに移住。英語や海外に興味を持ちはじめたのは12歳の時、『地球の歩き方』に出会ったのが十数年前。旅行前も道中も、いつも『地球の歩き方』を熟読。ガイドブックと同様、皆さんに読み込んでいただけるようなブログを目指してストックホルムの旬や”瞬”をお届けしていきます。石川県出身。 質問等ありましたらInstagramまでDMお願いします。 DISQUS ID @disqus_EW4rAOD5hg

ストックホルム特派員トップにもどる

ストックホルムを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ストックホルム特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スウェーデン > ストックホルム特派員 > アーランダ国際空港およびスウェーデン国内線機内の現状について

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について