トップ > ヨーロッパ > スウェーデン > ストックホルム特派員 > 北欧アンテイークが手に入るお店

スウェーデンスウェーデン/ストックホルム特派員ブログ

北欧アンテイークが手に入るお店

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2013年7月10日

 北欧のアンテイークは、日本でも人気があり、スウェーデンを訪れる目的にしている方もいると聞きます。今日は、そんな北欧のアンテイークを短い時間でも満喫できるお店を紹介したいと思います。

 お店のオーナーはこのかた!
magnus3.JPG

マグヌスさんです。昨年お仕事で知り合いになり、アンテイークに関する知識もさることながら、そのお人柄も大変魅力的な方です。実はこのかた、Retroというスウェーデンのアンテイーク雑誌の編集長でもあるのです。

マグヌスさんのお店はガムラスタンと呼ばれる旧市街にあり、立地もよいのでいつかこちらでも紹介したいと思っていました。では、お店の中を見ていきましょう!

magnus5.jpg 
ずらっと並ぶスウェーデンのモダンアンテイークなお皿やコップです。この棚はグスタフスベリ中心になっており、ベルサなどの有名どころからちょっとマイナーなものまでこんなにたくさん!

magnus1.JPG

次はこちら。北欧のアンテークでノルウェーやフィンランンドなどのものからスウェーデンのものまでずらりと並んでいます。柄が気に入ったけど、このメーカー知らないというときは、マグヌスさんにぜひ聞いてください。

magnus4.JPG 

面白いものがたくさんある狭い店内で、こんなもの見つけました。初めてみたピクニックという有名な柄の陶磁器版。状態も大変よく大きさも3種類ありました。

magunus2.JPG

日本で大人気のリサ ラーションのものはあるかと聞くと、「あるよ。すごくレアなもので当時の箱入り、パンフレット付きのこちら」と見せてくれたのがこれです。ちょっと前に日本人の方が来てかなりのものを買っていってしまって今はあんまりないといいつつ、いくつかの作品をみせてくれました。


店内には、天井からトイレの中までびっしりとアンテイークなものが並んでいます。見るだけでも楽しいですし、日本からきてぜひこれをと思っている方、ここなら見つかるかもしれません。旅行の日程が短い方にも確実によいものが見つかるのでおすすめかと思います。

お値段は、良心的な値段ですが、フリーマーケットで掘り出し物を見つけるという値段ではないことをご了承ください。

7月8月中は、月曜日から土曜日まで毎日12時から19時まで開いています。それ以外の期間は、土曜日のみ12時から17時まで開いています。マグヌスさんがいないときもありますし、時間があればそれ以外の日でも開いていることもあります。

場所はこちら。
Storkyrkobrinken 14

歩行者天国であるドロットニング通りを旧市街に向かって歩き、国会議事堂を通り抜けます。その後、旧市街の一番人通りの多い通りVästerlånggatanを歩き、最初の四つ角を右に曲がります。そのまま少し歩くとこの看板が見えるはずです。
magnus6.jpg

ホームページはこちら です。

このお店以外にも、旧市街の中にはアンテークのお店がたくさんあります。のぞくだけでも楽しいと思います。他の店もまた紹介しますね。

いい天気が続いていたストックホルムですが、お天気今日は崩れています。では、また!

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

サリネン れい子

スウェーデン・旧ストックホルム特派員のサリネン れい子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スウェーデンスウェーデン/旧ストックホルム特派員
名前:サリネン れい子

サリネン れい子

ストックホルム特派員トップにもどる

ストックホルムを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ストックホルム特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スウェーデン > ストックホルム特派員 > 北欧アンテイークが手に入るお店

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について