トップ > ヨーロッパ > スウェーデン > ストックホルム特派員 > スウェーデン国会議事堂見学ツアー

スウェーデンスウェーデン/ストックホルム特派員ブログ

スウェーデン国会議事堂見学ツアー

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2013年3月 9日

 国会議事堂の無料見学ツアーに参加してきました。ものすごく前に、一度参加しているのですが、たまたま、近くを通ったらちょうど見学ツアーの時間だったので、取材?ではありませんが、参加をしてきました。
 国会議事堂は、メインストリートであり、歩行者天国になっている、「女王様の通り(Drottningsgatan)旧市街に向かって歩いていくとあります。半円形の形をした印象的な建物があり、旧市街の手前にあるとても小さな島に位置しています。無料見学ツアーの目印はこちらの看板。
Riksdag1.jpg 英語の見学ツアーとスウェーデン語の見学ツアーがあります。英語の方はスウェーデン語よりも人気があり、定員28名になってしまい、参加できない人が出ていました。10分前集合なのですが、それよりも早めにいって列に並んで待つことをお勧めします。

 時間になると順番に英語とスウェーデン語に分かれてシールを貼ってもらい、中に入ると持ち物検査があります。飛行場でうけるのと同じ感じのものです。それが終わるとそれぞれの見学ツアーに分かれて見学開始です。

 Riksdag3.jpg まずは、こちらのホールから。もともとは国の銀行だった建物を改装し、建て増しをして今の形にしたので、その昔の銀行の名残がありました。このホールの四方上方には、こんな絵が。
Riksdag2.jpg スウェーデンのさまざまな地方を描いた絵です。これは、スウェーデン北部をイメージし、北部の炭鉱の様子だとか。ほかの地方も同じように描かれていました。

 国会は美術館並みにさまざまな絵や彫刻などがかかっており、これらを楽しむガイドツアーも月曜日の夜にあるそうです。そちらも気になります。

 順番に回ってみていきます。時々テレビで見ることができるこちらのホール。Riksdag6.jpg 中から見ると壮観ですね。このホールの周りには、歴代の首相の像があります。

Riksdag7.jpg これがスウェーデンの国会です。中央に掲げられているのは、織物で作られているスウェーデンの自然を表すものです。落ち着いた様子が国会にあっているように思います。

スウェーデンは、日本と同じように二院制だった時期があり、そのころ使われていた議会なども見学できす。現在は、一院制になっており、349人の国会議員がここに集まりさまざまなことを議論決定しています。

 スウェーデンらしいなあと思ったのがこちらの部屋。
Riksdag4.jpg 活躍した女性たちを讃えた部屋です。初めての女性議長さんの写真などが大きく飾ってあり、女性の進出の歴史がわかります。
 最後に、国会から見る市庁舎は大変美しかったです。あちらは、ストックホルムの市政が行われています。 Riksdag8.jpg

 時間と日程が合えば、ぜひ、参加してみてください。
基本的に
毎週土曜日と日曜日にあり、12時はスウェーデン語のみ、13時30分は英語とスウェーデン語になります。夏の間は、見学ツアーが増えます。日程は、以下のページで確認することができます。見学ツアー英語ページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

サリネン れい子

スウェーデン・旧ストックホルム特派員のサリネン れい子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スウェーデンスウェーデン/旧ストックホルム特派員
名前:サリネン れい子

サリネン れい子

ストックホルム特派員トップにもどる

ストックホルムを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ストックホルム特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スウェーデン > ストックホルム特派員 > スウェーデン国会議事堂見学ツアー

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について