トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 【新型コロナウイルス関連情報】これまでで最も深刻な感染状況のブルガリア

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員ブログ

【新型コロナウイルス関連情報】これまでで最も深刻な感染状況のブルガリア

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2021年11月 2日

2021年10月中旬から深刻な感染拡大・医療崩壊が続いているブルガリア。
先日こちらのブログでもお伝えした通り、10月21日からブルガリア国内での厳しい規制(※)が始まっています。
(※)ショッピングモールや飲食店利用の際にワクチン接種証明書/陰性証明書/回復証明書を提示しなければならないという規制。詳しい規制の内容についてはhttps://tokuhain.arukikata.co.jp/sofia/2021/10/post_159.html をご覧ください。)
10月21日は木曜で、この発表がされたのが前日だったので、最初の4日間(10月21日~24日)は移行措置として、規制を遵守しているかのチェックはそこまで厳しくなかったようです。
けれど、10月25日(月)以降、規制を遵守しているかどうかの厳しい取り締まりが始まりました。

現在はショッピングモールの出入口に検査員が立っていて、かならず証明書を求められます。
またサービス業に従事する人はワクチン接種をしていなければ接客してはいけない/もし違反が判明した場合には、その店はペナルティとして一定期間営業停止とされています。
今まで再三ワクチン接種を政府が訴えてきても依然として低いワクチン接種率を保っていたブルガリアですが、この規制にともない、ショッピングモール前にはワゴン車のような簡易検査場が設置されたり、ワクチン接種会場には長蛇の列ができたりとブルガリアに住む人々の行動に変化が生じました。

IMG_1599.jpg
けれど、やはり経済への影響は著しく、ショッピングセンターはガラガラ。
飲食店の売り上げは半分以下になっているとの報道もありました。

またワクチン反対派も多いため、各地でこの規制に対するデモが起こっています。
デモに関する情報は在ブルガリア日本国大使館の領事班が随時お知らせメールを発行しているので、ブルガリア在住・滞在中・渡航予定の方はかならず登録し、情報を把握するようにしてください。


現在のブルガリアでは
●1日の感染者数が5000~6000名程度(※前日の結果が反映されるため、月曜日は低い傾向にありますが、それでも11月1日は今までの月曜日では最多の1457名)
●陽性率8~13%程度
●1日あたりの死亡者数80~300名程度
となっています。陽性率は規制後、検査数が爆発的に増えたため数値としては下がっていますが、重症者を含め入院している人も多く、ソフィアの大きな病院のコロナ病床はほぼいっぱいとの報道もあります。
また人口100万人あたりの7日間あたりの死亡者数は現在世界ワースト2位。
深刻な医療崩壊の様子が伝わってきます。

一部報道ではピークは越えた可能性があると言われていますが、まだ今後の動向から目が離せません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Chika

ブルガリア・ソフィア特派員のChikaが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員
名前:Chika

Chika

ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

ソフィア特派員トップにもどる

その他のブルガリアの特派員

ソフィアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソフィア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 【新型コロナウイルス関連情報】これまでで最も深刻な感染状況のブルガリア

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について