トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 【新型コロナウイルス関連】徐々に状況改善してきたブルガリア

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員ブログ

【新型コロナウイルス関連】徐々に状況改善してきたブルガリア

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2021年1月27日

2021年もいまだに勢いが衰えない新型コロナウイルス。
ブルガリアでは2020年3月から5月にかけて1度目の厳しいロックダウン、そして11月末から2度目のソフトロックダウンといわれる状況に入っています(※ブルガリア政府はロックダウンという表現はしていませんが、報道ではそのように記されています)。

かなり大まかに言うと現在ブルガリアでは

●買い物時間の制限
8:30~10:30までは高齢者専用の買い物時間。
その時間帯に食料品店、薬局に入れるのは65歳以上の高齢者のみ。
●レストラン、カフェなど飲食店の通常営業禁止
飲食店はテイクアウト、またはデリバリーのみで営業中。
●中学生以上は対面授業禁止
幼稚園・保育園~小学5年生以下は2021年1月初旬より対面授業再開。
●公的、私的にかかわらず祝賀イベント、15人以上の集まりは禁止

という状況です。 IMG_1953.jpg (写真は以前紹介した屋外フードパークQuatralの2020年12月中旬の様子。 屋外であっても飲食店は椅子などを使用できないようにし、その場での飲食が行われないよう工夫しています)

2020年5月にロックダウン終了後、ブルガリア政府は保健法の改正を行い、新型コロナウイルスの影響下にあるこの状況を【緊急感染状態】と定義し、折に触れて感染拡大防止措置を発表してきました。
現在の感染拡大防止措置(上記やこちらのブログ に書いてある内容)を含む緊急感染状態は、1月末までの予定でしたが、昨日の報道にて4月末までの延長が決まりました。

現在はまだ今後の感染拡大予防措置の詳細についてはまだ日本大使館からは連絡が来ていませんが、英語のニュースを見ると下記の通り変更される様子です。

●4月末までブルガリアに入国できるのは許可された国からの渡航者、かつ72時間以内のPCR陰性証明を持っている人のみ。
●対面授業は学年ごとの分散登校を条件に再開(詳細規定ありますがここでは割愛)。
●2月1日より映画館は30%以下のキャパシティ、ジムやフィットネスクラブは50%のキャパシティで営業再開。
●同じく2月1日よりミュージカルホールやダンス、スポーツ施設も営業再開。
●3月1日よりレストラン、カフェの通常営業再開(予定)。


ブルガリアではワクチン接種が12月27日から開始になり、1月26日時点でのワクチン接種者は2万6798名。
政府は早急にワクチン接種を進めたいものの、なかなか受けたがらない人もいるという現状です。
とはいえ、飲食店の閉鎖や対面授業の禁止、徹底したリモートワークの推奨を進めた結果、12月に比べだいぶ状況が改善してきたブルガリア。
今後は上記のように慎重かつ段階的に学校再開、レストラン再開などを進めていく様子です。
また日本大使館から情報が発信されたらこちらでもお伝えします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Chika

ブルガリア・ソフィア特派員のChikaが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員
名前:Chika

Chika

ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

ソフィア特派員トップにもどる

その他のブルガリアの特派員

ソフィアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソフィア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 【新型コロナウイルス関連】徐々に状況改善してきたブルガリア

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について