トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 【2020年】ソフィアのクリスマス事情

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員ブログ

【2020年】ソフィアのクリスマス事情

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2020年12月25日

image3.jpg メリークリスマス!
日本ではクリスマスといえばチキンとケーキでお祝いし、恋人と過ごす人も多いでしょう。
けれどブルガリアのクリスマスといえば家族や親戚同士で過ごす日!
例年クリスマス時期は学校は冬休みに、会社はクリスマス休暇に入ります。そのため田舎に帰省して親戚や家族と過ごすのが通例です。
(ブルガリアのクリスマスの過ごし方については昨年のこちらの記事 を参照ください。)
(※写真はソフトロックダウンに入る前、2020年11月に撮影したショッピングモールのクリスマス装飾)


ただし今年はやはり新型コロナウイルスの影響もあり、過ごし方にも少し変化があるようです。
ブルガリア政府の方針でプライベートの集まりも15人以下にするようにとの通達が出ているので大きな集まりを開くことはできません。

もともとクリスマスは基本的にレストランも閉まっているため家で食事をする人が多いですが、今年はレストランの通常営業が禁止されているので例年以上に家で過ごす人が多いでしょう。
家で過ごす時間が多いためか、例年以上に自宅のデコレーションに気合が入っているようで近所を散歩していると一般の民家のベランダや庭にも電飾が施されていました。

ちなみに町なかでは持ち帰りのみでクリスマスマーケットも開催されていたり、国立劇場やセルディカ駅のあたりではイルミネーションも灯っていたようです。
image1.jpg
image4.jpg
(※今年は街中に行くのを避けていたため、写真は昨年のものです。今年はクリスマスマーケットも入場規制、一方通行、飲食禁止などさまざまな規制がありました)


ブルガリア人にとって二大行事であるクリスマスとイースター。今年はどちらも新型コロナウイルスの影響で家族や親戚と集まることが難しい状況でした。
このことでショックを受けている人も多くいますが、医療機関への逼迫が顕著である現在、やむを得ないでしょう。
一刻も早く状況が落ち着いてまた家族や親戚と集まれる日が来ることを願ってやみません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Chika

ブルガリア・ソフィア特派員のChikaが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員
名前:Chika

Chika

ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

ソフィア特派員トップにもどる

その他のブルガリアの特派員

ソフィアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソフィア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 【2020年】ソフィアのクリスマス事情

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について