トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 【注意喚起】ブルガリアのコロナ&デモの現状

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員ブログ

【注意喚起】ブルガリアのコロナ&デモの現状

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2020年7月30日

(※黒海沿岸のリゾート情報をお届けしている途中ですが、ブルガリアの現状について少し説明させていただきます)

EU加盟国が2020年7月1日から日本を含む所定の国からの入国制限を緩和するとのニュースがありましたが、詳細は各国に任せられていました。
ブルガリアは当時7月15日までは日本を含む第三国からの入国は原則禁止の方針を貫いてきましたが、7月16日以降日本からの入国制限が解除されました。
つまり、日本からブルガリアへの入国は現在隔離期間やPCR検査なしに可能となっています。

<ブルガリア長期滞在資格を保有する邦人>
 特定対象国から入国→入国可(陰性証明提出不要)
 特定対象国以外の国から入国→入国可(陰性証明の提出が求められる。提出しない場合は、14日間の自己隔離)
<ブルガリア長期滞在資格を保有しない邦人>
 特定対象国から入国→入国可(陰性証明提出不要)
 特定対象国以外の国から入国→陰性証明を提出しない場合は入国不可
 ※特定対象国:EU加盟国、シェンゲン加盟国(サンマリノ、アンドラ、モナコ、バチカンを含む)、英国、アルジェリア、オーストラリア、カナダ、ジョージア、日本、モロッコ、ニュージーランド、ルワンダ、韓国、タイ、チュニジア、ウルグアイ
(※在ブルガリア日本大使館からのメール引用)

けれどこれはあくまで制度上の話であり、安全かどうかの観点で言えば話は変わってきます。

現在、ブルガリアでは新型コロナウイルスの新規感染者は増加傾向にあります。
7月22日には過去最高である330名の新規感染者を記録したほか、ここ1週間は連日100名を超える新規感染者が報告されています(基本的に週末は100名台、平日は200名台ほどの新規感染が報告されている状況)。


ブルガリア政府は5月13日に緊急事態宣言を終結させましたが、そのあとの状態を【緊急感染状態】と称して、新型コロナウイルス対策に関連した法令を出してきました。
この【緊急感染状態】の期限は延長に延長を重ね、先日8月31日まで延長されることが決定しました。


また、新型コロナウイルス以外にも現在ブルガリアでは各地でデモが起こっています。
デモの目的は政権への不満や新型コロナウイルスに際しての経済悪化など多岐に渡り、7月9日以降連日どこかでデモが起こっている状況です。
私自身、感染予防と安全の観点からソフィアの中心部に近づいてはいないため詳しい状況はわかりませんが、近くを車で通りかかった人の話を聞くと、中心部の道路が一時封鎖されるなどの措置が取られている場合もあるそうです。

日本側でも、海外渡航に関してはあまりすすめられていないので観光目的で訪れる方はあまりいないと思いますが、万が一用事でブルガリアを訪れる場合はくれぐれもご注意ください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Chika

ブルガリア・ソフィア特派員のChikaが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員
名前:Chika

Chika

ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

ソフィア特派員トップにもどる

その他のブルガリアの特派員

ソフィアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソフィア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 【注意喚起】ブルガリアのコロナ&デモの現状

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について