トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 【2020年】中止となったバラ祭り-会場や街の様子は?

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員ブログ

【2020年】中止となったバラ祭り-会場や街の様子は?

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2020年6月 8日

ブルガリア最大級のイベントといえば毎年5月中旬から6月初旬にかけて行われるバラ祭り。
けれど残念ながら今年は新型コロナウイルスの影響でバラ祭りは中止に・・・。

ただしバラ祭りは中止ですが、この時期バラの谷と呼ばれるカザンラク・カルロボでは、バラが咲き誇っています。
そこでカザンラクまで日帰りで行ってみることにしました!
(※現在ブルガリアでは国内(都市間)の移動は自由になっています。)



ちなみに去年のバラ祭りの様子は過去の記事まとめてあるので、例年のバラ祭りの様子が気になる方はこちら をご覧ください。


IMG_5435.JPG
ソフィアから車で約3時間の場所に位置するカザンラク。
カザンラク中心地から30分程度離れた場所にはたくさんのダマスクローズの畑が広がっています。
写真では分かりにくくて恐縮ですが、この緑の部分がローズです。

IMG_5368.jpg
ダマスクローズは手のひらサイズの小さなバラで、この時期は朝のうちに収穫されてしまうので車の窓から眺めて満開のローズが見られる!!・・・という感じではありません。

けれど雄大な自然の中にあるバラ畑、ちらほらと見える薄ピンクの花は可愛らしくて絵になる風景でした。

バラ祭り開催中にはバラ祭りと提携しているバラ畑でバラ詰みの体験もできます。
手でバラを摘む経験はなかなかできませんし、ローズオイルの原料となるダマスクローズの香りは他のバラと少し違うのでお越しの際にはぜひバラ摘み体験をしてみてください♪


さらに車を走らせて、カザンラク市内へ到着。
去年は車を止めるスペースさえなかなか見つけられませんでしたが、駐車場にスムーズに止めることができました。

IMG_5316.jpg

民家、お店、博物館、車の中央分離帯にいたるまで、街のさまざまな所にバラが咲いています。

IMG_5323.jpg
去年バラ祭りのメインステージがあった広場にも行ってみましたが、ステージがないとがらんとしていました。
観光客もおらず、出店もなく、何だか少し寂しい気分になりました。


バラ祭りはブルガリア最大級のお祭り。
観光資源が少ない(実は本当はあるけれど、アピール不足であまり認知されていない)ブルガリアにとって、この時期に観光客を受け入れられないのはかなりの痛手でしょう・・・。

来年は状況が落ち着いて、無事に例年通りのバラ祭りが開催できればいいなと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Chika

ブルガリア・ソフィア特派員のChikaが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員
名前:Chika

Chika

ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

ソフィア特派員トップにもどる

その他のブルガリアの特派員

ソフィアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソフィア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 【2020年】中止となったバラ祭り-会場や街の様子は?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について