トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 緊急事態宣言終了後初の週末 首都ソフィアの中心地の様子は?

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員ブログ

緊急事態宣言終了後初の週末 首都ソフィアの中心地の様子は?

カテゴリー:治安・渡航安全情報 投稿日:2020年5月16日

5月13日に2ヵ月間の緊急事態宣言が解かれたブルガリア。

●ソーシャルディスタンスの継続指示
●店舗への入場制限
●屋内でのマスク着用義務
●レストランやカフェの屋内営業禁止
など引き続き感染拡大防止策は継続されていますが、実際の町の様子はどんな感じなのでしょうか?

2ヵ月に及ぶ引きこもり生活に疲れたわが家も、久々にソフィアの中心地に行ってみることにしました!
この記事では、緊急事態宣言あけ初の週末を迎えたソフィアの中心地の様子を写真付きでお伝えします。


カフェやレストランのテラス席がオープン

IMG_5072.jpg
緊急事態宣言中はテラス席もすべて撤去されていましたが、屋外での営業が許可されてからはテラス席を持つほとんどの店舗が営業を再開し始めました。
撮影の都合上、人がまだ座っていない席の写真を撮りましたがテラス席を利用する人は多く、みんな久々の開放感を楽しんでいる様子です。



小売店は入場人数制限&ソーシャルディスタンスの徹底を継続中

IMG_5076.jpg


IMG_5068.jpg

現在ソフィアではショッピングモールの営業は禁止されていますが、小規模店舗の営業は許可されはじめています。
文房具店、美容院、ネイルサロン、化粧品店、おもちゃ屋さん、服屋さんなど、今までは閉まっていたお店もオープンしています。

一つひとつのお店ではちゃんと入場制限がされていて、お店の前で列を作って待つ人の姿も多く見られました。
店舗内に入るときはマスク必須なので、お店の前で待っている人たちの多くはマスクをしています。




ソフィアの中心部はなかなかの賑わい!

IMG_5070.jpg
こちらはソフィアの中心部にあるヴィトシャ通り。
ショッピングストリートで休日には多くの人でにぎわっていた場所です。
私が出かけていたなかでもっとも混み合っていたのはこの場所でしたが、何とか人と人との間隔は取れているようでした。
通りでのマスク着用義務はなくなったので、マスクをしている人もいればしていない人もいる状況。
大人同士は距離間を取るよう気をつけていましたが、小さな子供たちはベンチの周りで追いかけっこをしたりしていて少し心配になるような状況でした。
わが家もまだ小さな子供がいるのでこの通りに滞在するのは少し心配だったため、急いで退散しました。



緊急事態宣言終了後の初の週末ということで、予想通り町は少し混み合っていました。
徐々に活気が戻ってきたソフィアの町。
とはいえまだ完全に新型コロナウイルスの感染が収まったわけではありません。
今後も感染状況に留意して最大限に気をつけつつ、楽しんでいきたいと思います。

なお繰り返しになりますが、残念ながらブルガリアではまだ第3国からの入国制限をしているので日本から観光で訪れることはできません(長期滞在許可証などを持っている人やブルガリア人配偶者を持つ人は別です)。

ヨーロッパでは多くの人が夏のバカンスを心待ちにしていて、ブルガリアも例外ではありません。
今後は国境封鎖をどうしていくのかに注目です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Chika

ブルガリア・ソフィア特派員のChikaが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員
名前:Chika

Chika

ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

ソフィア特派員トップにもどる

その他のブルガリアの特派員

ソフィアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソフィア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 緊急事態宣言終了後初の週末 首都ソフィアの中心地の様子は?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について