トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 【新型コロナウイルス関連】ブルガリア国内での規制緩和

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員ブログ

【新型コロナウイルス関連】ブルガリア国内での規制緩和

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2020年5月 2日

ブルガリアで緊急事態宣言が発令されてから約7週間が経過しました。
イースター期間はより強固な感染防止策を取るように声をあげていたブルガリア政府。
......でしたが! 約6週間経過した頃から徐々に規制緩和の動きが出始めました!


具体的には4月27日よりソフィア市内の10個の大きな公園への立ち入りが認められました。
今までは犬の散歩、もしくは買い物目的での通り抜けの場合のみ公園の立ち入り可能でした。
それが規制緩和で以下のように変わりました。


・9:30〜18:30は両親または家族の一員に付き添われた12歳以下の子供、そのほかの時間帯には犬の飼い主の立ち入りが可能。
・マスク着用必須
・ほかの家族との間に2.5mの距離を取る
・公園への立ち入りは指定されたルートのみ
・ベンチや芝生に座るを含めた公園施設への接触は禁止
・飲酒禁止

なお、ニュースではこのルールを守らない人が多かった場合には即刻公園への立ち入りを禁止するとの声明も。

小さな子供がいる家庭にとってはかなりの朗報ですが、果たしてみんながこのルールをちゃんと守っているのでしょうか。
気になったのと、わが家の子供やちもストレスが溜まっていたので実際に行ってみました。


まずはルートに関してですがどこのウェブサイトを見ていいのか分からず苦戦......
Viber(LINEのようなSNSアプリ)経由で夫がなんとかルートが記載されたページを見つけてくれました。

私たちは正規のルートから入りましたが、その正規ルートの入口にたどり着く前に一応立ち入り禁止のテープがある場所から出入りしている人が多数。

IMG_4424.JPG
何とか指定の入口にたどり着くとそこには蛍光ベストを着用した警察官らしき人物がいて、子連れ以外の入園者に声をかけて止めている様子が見られました。


IMG_4427.jpg
中に入ってみると意外と空いていてほかの家族との間隔は十分に保つことができました。

けれど次の警察官がいるポイントまで距離があったためか、その間にも立ち入り禁止区域にはいる人や持ち込んだ遊具で遊ぶ人たちの姿も......。


IMG_4538.jpg


遊具のあるエリアは立ち入り禁止のテープが貼られ入れない状態になっていましたが、ボールなどの持ち込みまでは規制しきれない様子でした。


この状態だったので再度公園への立ち入りが禁止になるのではないかと懸念していました。
けれど、5月1日にはソフィアのランドマークといえるヴィトシャ山の再オープンが決定!
また公園、通り、バス停など屋外でのマスク着用義務がなくなるなどさらなる緩和の動きが見られます。

まだ新規感染者数は20〜40名程度毎日報告されているので安心はできませんが、約1ヵ月半以上のロックダウン生活にブルガリアに住む人たちが疲れてきているのも事実です。
安全とのバランスを考えつつ、少しずつ緩和していく様子に多くの人は希望を抱いています。
このまま、大きな感染拡大などがなく、無事に安全な世の中に戻ってくれることを祈るばかりです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Chika

ブルガリア・ソフィア特派員のChikaが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員
名前:Chika

Chika

ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

ソフィア特派員トップにもどる

その他のブルガリアの特派員

ソフィアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソフィア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 【新型コロナウイルス関連】ブルガリア国内での規制緩和

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について