トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 春らしさ満点!ブルガリアの花の日♪

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員ブログ

春らしさ満点!ブルガリアの花の日♪

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2020年4月12日

IMG_4066.jpg
ブルガリアは自然豊かな国、春になると色とりどりの花が咲き乱れます。

そんななか例年4月〜5月にあるブルガリア最大級の祝日であるイースター。
ブルガリアではイースターのちょうど1週間前の日曜日が、ある特別な日として扱われています!
ブルガリア語でTsvetnitsaと呼ばれるこの日、訳すとThe flower day、花の日なんです。
2020年は4月12日がこのTsvetnitsaにあたります♪


Tsvetnitsa(花の日)の伝統的な行事とは?

IMG_4084.jpg
この日、教会に行くとすべての人に1本ずつヤナギの枝が配られます。
ヤナギはいち早く緑の葉をつけるため、春の訪れを告げる植物といわれています。
そしてこのヤナギの枝を使ってリースを作ったり子供の花冠にしたりします。
その家の健康と富を願って、このリースは乾燥するまでドアに飾るのが習わしです。
人によっては翌年のTsvetnitsaまで保管している人もいるそうです!


花や植物関連の名前の人のName dayでもある!
IMG_4065.jpg

ブルガリアでは誕生日を2回お祝いします。
1回はその人が実際に生まれた日、もう1回はName day。
(Name dayについてはこちらの記事をご参照ください。【ブルガリアの特別な日! St.Nicholas Day】

多くのName dayはキリスト教の聖人の誕生日ですが、Tsvetnitsaは花や植物関連の名前を持つ人のName dayとされています。
ブルガリア人の名前には花関連の名前がたくさん!
例えばツベトリーナ:花、ローザ:バラ、マルガリータ:マーガレット(デイジー)、ヴィオレッタ:すみれ、リリ:百合など。

ほかのName dayと同じように、Name dayに当たる人が周囲の人にチョコレートやキャンディーを配ったり、友人や知人がその人の家を訪れて食事をしたりするのですが、この日はName dayの主役に対して花を贈ることもよくあるそうです♪


残念ながら2020年の今年は新型コロナウイルスの影響もあり、政府から教会へ行かないようにとのお達しがあったり、花屋さんが営業していなかったりと、例年のようなお祝いはできません......。
来年は安心して、例年通りの花の日のお祝いができることを祈りつつ、今年は家でおとなしく過ごそうと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Chika

ブルガリア・ソフィア特派員のChikaが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員
名前:Chika

Chika

ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

ソフィア特派員トップにもどる

その他のブルガリアの特派員

ソフィアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソフィア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 春らしさ満点!ブルガリアの花の日♪

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について