トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 春の訪れを祝う無形文化遺産【バーバマルタ】

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員ブログ

春の訪れを祝う無形文化遺産【バーバマルタ】

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2020年3月 3日

IMG_2843.jpg Честита Баба Марта!!
3月1日はブルガリアではバーバマルタと呼ばれています。
バーバマルタは先日こちらのブログで紹介したマルテニッツァを交換し合う日です。(マルテニッツァについての記事はこちら

昨年は旅行のため3月1日にはブルガリアを離れていた私たち家族ですが、2020年の今年はソフィアでバーバマルタを堪能しました!
今回はソフィアでのバーバマルタ直前&当日の様子についてご紹介します。


バーバマルタの準備に忙しい! 2月末の様子

IMG_2968.jpg
2月下旬からこの日に向けて、町なかのいたるところでマルテニッツァが売られはじめ、特に2月末には各お店で真剣にマルテニッツァを選ぶ人の姿が見られます。

伝統的には3月1日にマルテニッツァを交換しますが、2020年は3月1日が日曜日だったためなかには2月末に先取りでマルテニッツァを贈っている人もいました。
私は友人から2月中旬にマルテニッツァを貰ってうれしくてつけてみたら、
「まだ2月だからはやすぎる! 3月1日を過ぎてからつけるのよ」とほかの友人から注意を受けました。
贈ることは先取りしていいけれど、着用するのは先取りしてはいけないようです。


バーバマルタ当日は恒例の挨拶あり!

IMG_3005.jpg
この記事の冒頭にも書いた挨拶【 Честита Баба Марта!!(チェスティータ バーバマルタ!!)】は「バーバマルタおめでとう」という意味で、バーバマルタ当日には友人や家族間、またお店の人からの挨拶などでもよく使われます。
この挨拶のイメージとしては、クリスマスの「メリークリスマス!」と気軽に声をかけあう感覚に近いと感じました。


IMG_3007.jpg この日はレストランで食事した際にもスーパーで買い物をした際にも、マルテニッツァを頂きました。
そして受け取ってすぐに多くの人は腕につけていて、町を歩いているとマルテニッツァをつけた人をたくさん見かけ、春の訪れを感じました。


町なかの装飾も一気に紅白へ!

IMG_3006.jpg
一夜明けて3月2日。
少し近所に出かけてみるとお店のディスプレイも紅白になっていました。

駅前やスーパーなどのマルテニッツァ屋さんもまだ開店していて、たくさんのマルテニッツァが売られています。
ブルガリア人友人曰く、大体3月1週目くらいまではバーバマルタムードが漂い、マルテニッツァを贈ることがよくあるようです。


このマルテニッツァは春の訪れを感じた時に近くの木に括りつけることになっていて、春が近づくとそこかしこの木にマルテニッツァが揺れている様子を見ることができます。
2020年は暖冬だったこともあり、春の訪れも例年より早く感じられるかもしれません。

マルテニッツァが木に飾られ、花が咲くと青空・マルテニッツァの紅白・花の色が映えてとても美しく心が躍ります。
長く凍えるような冬が明け、春の訪れを喜ぶブルガリアの風習。
2月末〜4月頃にかけてはバーバマルタのおかげでより季節を感じることができます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Chika

ブルガリア・ソフィア特派員のChikaが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員
名前:Chika

Chika

ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

ソフィア特派員トップにもどる

その他のブルガリアの特派員

ソフィアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソフィア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > 春の訪れを祝う無形文化遺産【バーバマルタ】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について