トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > ブルガリアの新学期と祝日

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員ブログ

ブルガリアの新学期と祝日

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2019年9月16日

海外旅行の際、その国の祝日祭日などをチェックしていますか?
祝日や祭日に重なりうっかり街が混んでいたりお店が閉まっていたり、もしくはデモがあったりすると大変ですよね。
ブルガリアは祝日が年間13日とあまり多くはありませんが、9月には2日間祝日があります。
また祝日ではないのですが、ブルガリアの一般的な学校の新年度も9月からなので道路が混んでしまうことも。
今回はブルガリアの9月の祝日と新学期初日の街の様子について紹介します!


9月6日:統一記念日

IMG_9922.jpg


(写真はプロブディフのローマ円形劇場跡)
この日は国民の祝日で、1885年にブルガリア公国と東ルーメリアに分かれていたブルガリアがひとつの国になった記念日です。
ブルガリア公国から東ルーメリアの首都プロブディフに向けて進軍し、統一宣言がなされました。
プロブディフは現在ブルガリアで第2の都市、観光に訪れる方も多いです。
今年(2019年)首都ソフィアでもプロブディフでもこの日は特に大きなデモなどは行われていませんでした。
けれど観光などに訪れる際には念のため注意してください。




9月15日:ブルガリアの学校の新年度開始日


IMG_9505.jpg 祝日ではありませんが、ブルガリアの一般的な学校は毎年9月15日が新年度開始の日となっています。(2019年は15日が日曜日だったため、16日が新年度の登校初日。)

インターナショナルスクールや私立の学校は日程をずらす場合もありますが、多くの学校がスタートする日なので毎年この日は交通渋滞が予想されます。
特に朝8時〜正午頃までは車やバスが混み合うので移動時には注意してください。

余談ですが、ブルガリアでは伝統的に新年度初日に担任の先生に花をプレゼントするという習慣があります。
そのため街を歩いていると花を持った若者を多く見たり、駅前で花を売る人がいたり。
街中が花で溢れていて、気分も華やぎます。




9月22日:独立記念日

IMG_5262.jpg
(写真はソフィアにある解放者の記念碑)
ブルガリアの歴史を見ると約500年の間オスマントルコ帝国に支配されていました。
露土戦争でロシア軍がトルコ軍に勝利し、1878年3月3日にトルコから解放されたためこの日は解放記念日として祝われています。
けれど、解放後も公国として扱われていたブルガリア。当時はまだオスマントルコの領土の一部のような存在でした。
そのため1905年9月22日にタルノヴォにて改めて独立宣言をし、正式にブルガリア人民共和国として認められ、この日が独立記念日となりました。

ブルガリア人にとって最も大きな意味を持つのは3月3日の解放記念日のため、独立記念日はデモなどはあまり起こらないようです。



ソフィアでは日曜や祝日にもショッピングセンターなどは空いていることが多いので観光の際も安心してください。
特に9月6日の統一記念日はまだバカンスに出かけている人多いのか、ソフィアの街は全体的に空いている印象です。
9月の場合は祝日よりも、新年度初日の登校日である15日の方が交通などに影響があるのでこの日ブルガリアに訪れる方はご注意ください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Chika

ブルガリア・ソフィア特派員のChikaが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員
名前:Chika

Chika

ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

ソフィア特派員トップにもどる

その他のブルガリアの特派員

ソフィアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソフィア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > ブルガリアの新学期と祝日

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について