トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > ブルガリアワインの名産地メルニック

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員ブログ

ブルガリアワインの名産地メルニック

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2019年8月30日

IMG_5124.jpg ブルガリアといえばヨーグルトを思い浮かべる人が多いでしょうが、実はブルガリアは古代から続くワインの産地でもあります!

そのため首都ソフィアの住宅地でさえブドウの木を見ることができます。
今回はブルガリアワインの産地であるメルニックの村のご紹介です。




実は世界で有名なブルガリアワイン

IMG_5102.jpg
ブルガリアワインの歴史は実はフランスよりも古く、紀元前6世紀頃から作られていたと言われています。
その理由はブルガリアの気候。大陸性気候と地中海性気候の影響を受けるブルガリアは、ブドウを育てるのに適した環境です。
ブルガリア全土にはさまざまなワイナリーあり、ワイン産地としては5つのエリアに分けられています。その中大きく分けるとバルカン山脈を境として北側は白ワイン、南側は赤ワインが多く作られています。



ギリシャとの国境近くにあるメルニック

IMG_5081.jpg
今回ご紹介するメルニックの街は南側のマケドニア地方にあり、この地域の固有種であるメルニックというブドウの名産地!
メルニックの街ではメルニックのほかにカベルネ・ソーヴィニヨン、メルローなど赤ワインに適したブドウの栽培が盛んです。
ブルガリアの中でも南側に位置するメルニックの街はギリシャの国境から近く、前回こちらのブログで紹介したサンダンスキーの街から車で約20分の場所に位置しています。


この地域はリラの僧院とも比較的近いため、ソフィア発リラの僧院&メルニックの村(ワイナリー)というツアーもあります。


ワインのほかに砂岩のピラミッドも有名とのことで、メルニックの街(村?)に行く途中には地層が見えるような山肌が露わになった景色を見ることができました。



メルニックの街を探索!

メルニック自体は小さな街で30分くらいあれば回ることができます。
小川を挟んで赤いレンガ屋根の家やホテルが立ち並び可愛らしい雰囲気でした。

その街の中心部は観光地化されており、お土産屋さん・ワイン屋さん・ホテル・レストランのいずれかでした。
車で訪れる人も多いためか、たくさんの車が路駐してあります。


IMG_5118.jpg
お土産屋さんではナッツのハチミツ漬けやジャム、ブルガリア土産(刺繍など)、子供用のおもちゃなどが売られていました。
このナッツのハチミツ漬けを購入したのですがヨーグルトに入れてもそのまま食べても美味しかったです。次回行く機会があれば大きいサイズを購入しようと心に決めました。


IMG_5108.jpg
歩いているとワイン屋さんの看板を発見。
ラズベリーワイン・ローズワイン・いちじくワインなど少し変わったワインも販売していました。


IMG_5114.jpg
また入り口には可愛い形のワイン入れやペットボトルに入ったワインが売られていました。
1個40levであまりの可愛さについ1つ購入してしまいました。
家のインテリアにもおすすめです。


IMG_5110.jpg
お店に入って驚いたのはペットボトルいりのワインがずらっと並んでいること。
きちんとラベル漬けされた瓶入りのワインが約20~30lev程度で売られているのに対してペットボトルのワインは小さいものでたったの5lev!
そのルックスに衝撃を受けつつ、試しにロゼのペットボトルワインを購入しました。
軽くて飲みやすかったです。



メインの通りのすぐ近くにワイン博物館があるとのことで行ってみたいと思ったのですが、予想外の暑さに子供達がバテてしまい、レストランに入って帰宅しました。
レストランについては残念ながら小さなお店でWebサイトなどがないので詳しくご紹介できないのですが、ブルガリア料理にメルニック名産のワインが相性よく美味しかったです!


どこのレストランでもそれぞれ自慢のワインを置いているので訪れる際にはぜひ試してみてください!


今回はブルガリア南西部にあるワインの名産地メルニックのご紹介でした。
小さな街ながら見どころもたくさんあり楽しかったです。
いつかワイナリーにも行ってみたいと思います。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Chika

ブルガリア・ソフィア特派員のChikaが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員
名前:Chika

Chika

ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

ソフィア特派員トップにもどる

その他のブルガリアの特派員

ソフィアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソフィア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > ブルガリアワインの名産地メルニック

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について