トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > カザンラクのバラ博物館とバラ摘み体験記

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員ブログ

カザンラクのバラ博物館とバラ摘み体験記

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年6月16日

前回カザンラクのバラ祭りのお話をしましたが、バラ祭りに遊びに行った際に少しカザンラクの町を探索したり、バラ摘み体験をしてきました。
今回はその時に訪れたバラ博物館、ローズガーデン、バラ摘み体験のご紹介です。

バラ博物館について


IMG_1580.jpg カザンラクのバラ祭りメイン会場から徒歩10分程度の場所にあるバラ博物館。 こちらの博物館ではローズオイル(アロマセラピーなどで使用されるバラのエッセンシャルオイル)の歴史や製造方法についての説明や過去に実際に使用されていた抽出機材の展示が行われています。 2016年にリニューアルオープンしたばかりでガラス張りの近代的な建物でした。 以前は別の場所にあり、カザンラクの町からは車がないと行けない場所にあったけれど、移転したそうです。移転したおかげでバラ祭りに訪れた方が足を運びやすくなりました。


IMG_1602.jpg 中庭には色とりどりのバラが咲き誇り、その中央にはローズオイル抽出のため過去に使われていた抽出機材が展示されています。 IMG_1595.jpg 私たちがここを訪れたのは6月1日、バラ祭りの最も盛り上がる時期だったこともありローズ製品の販売が博物館内で行われていて、賑わっていました。 普段もここまで盛大ではないものの、ローズ製品の販売を行っているそうです。


IMG_1592.jpg 館内の説明文はブルガリア語と英語です。 あまり広い博物館ではありませんが、アロマセラピーに興味がある人ならとても興味深く楽しい場所でした!



ローズガーデン


IMG_1553.jpg バラ博物館の周りにある公園です。 季節によりますが、バラ祭りの時期はやはりバラが咲き誇っていて素敵でした。 バラ祭りの観光客だと思しき方々が、頭に造花のバラの冠をつけて撮影している姿がよく見られました。 IMG_1612.jpg 公園なので遊具も充実していて我が家の子供達も楽しそうに遊んでいました。 小さなお子様連れでバラ祭りにお越しの際には、お子様のストレス発散をかねて訪れる価値があると思います。


またバラ祭りの期間のため公園内にもいくつかテントがあり、鉢植えの販売や無料のボディペイントなどを体験することができました。 私と娘は腕に可愛いピンクのバラの花を描いてもらい、バラの冠を被って雰囲気を楽しみました。



●バラ博物館● 住所:park Rozarium,ul.Boubushka,6200 Rozarium, Kazanlak, Bulgaria 電話番号:+359 431 640 57 開館時間:9:00~17:30 休館日:なし


バラ摘みについて

最後にバラ摘みのご紹介です。
バラ祭り期間中には週末指定された地域のバラ畑が解放されていてバラ摘みを体験することが可能です。今回私はローズオイルの仕事をしている友人にお願いをしてバラ畑にお邪魔しました。

ローズオイルを抽出するために使うバラのほとんどはダマスクローズという種類です。
ダマスクローズは一般的なバラと比べると手のひらサイズの小ぶりなバラですが、その香りは独特で甘いながらもすっきりしています。

観光としてのバラ摘みは日中でも体験可能ですが、実際にローズオイルを抽出するためのバラは朝早くから摘み始め日が昇りきる前に収穫を終えます。



その理由は太陽の光に花が晒されるとその日差しと乾燥などにより香りが飛んでしまうため。
摘み取るのは花が開いたバラのみ。つぼみはそのままにしておきます。
前日に咲いた花はピンクの色がより淡くなり、触れるとすぐに花びらが落ちてしまうほど乾燥していました。一方、その日に咲いた花はみずみずしくはっきりとしたピンク色をしていて、香りも強かったです。素人から見てもこんなにも違うものかと驚くきました。そしてこれほどはっきり差が出るため、早朝から作業をするのかと納得しました。




ローズの収穫時期は5月中旬から6月初旬。抽出されたローズオイルが市場に出回るまでには約2~3週間かかるそうです。
そのためブルガリアは今、1年で最も新鮮なローズ製品が溢れている時期です。
ブルガリアに訪れる際にはぜひみなさんローズ製品をチェックしてみてください。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Chika

ブルガリア・ソフィア特派員のChikaが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員
名前:Chika

Chika

ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

ソフィア特派員トップにもどる

その他のブルガリアの特派員

ソフィアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソフィア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > カザンラクのバラ博物館とバラ摘み体験記

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について