トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > ブルガリア:バラの谷 "カランザク" から part2

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員ブログ

ブルガリア:バラの谷 "カランザク" から part2

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2014年5月29日


ドバルデン!

5月下旬になり、ブルガリアのバラの谷はダマスクローズで一杯です。

blog_2014_05_02_01.jpg

朝6時半頃のバラ畑

blog_2014_05_02.jpg

花は蕾もまだ多くあり、これから6月10日頃までが蒸留のピークになります。

blog_2014_05_02_03.jpg

蒸留技師のコラロフ博士、彼はドイツで蒸留釜の設計を勉強したそうです。
後ろに写っているのは花が500キロ入るタンクです。

blog_2014_05_02_04.jpg

花の入れ替えの時には釜を蒸気で一度洗いますから、まわりは水蒸気で何も見えなくなります。

blog_2014_05_02_05.jpg

釜を空にしたら、直ぐに次の蒸留の準備です。

blog_2014_05_02_06.jpg

blog_2014_05_02_08.jpg

今年はオイルの含有量が多いらしく、去年は約4トンの花が必要でしたが、今年は3.2トンで1キロのオイルが取れるそうです。

蒸留がすべて終わらないとオイルは買えませんが、コラロフ博士が内緒で1滴ローズオイルをコットンに付けてくれました。

ちなみに1滴250円だからね!と言ってました。

10ミリだと200滴なので小売価格5万円です。

blog_2014_05_02_09.JPG

実はこのオイルをもらってから1週間経ちますが、いまだにローズオイルの濃厚な香りが楽しめます。
この香りの持続性はブルガリア産ダマスクローズならではですね~

この時期にブルガリアに住めて本当に幸せです。

それでは、次回はバラ祭りの様子をお伝えしたいと思います。

ドスコーロ!(ブルガリア語でまたね!)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

嶋崎 毅

ブルガリア・旧ソフィア特派員の嶋崎 毅が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブルガリアブルガリア/旧ソフィア特派員
名前:嶋崎 毅

嶋崎 毅

ソフィア特派員トップにもどる

その他のブルガリアの特派員

ソフィアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソフィア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > ブルガリア:バラの谷 "カランザク" から part2

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について