トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > ソフィアのオシャレなホステル情報01

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員ブログ

ソフィアのオシャレなホステル情報01

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2014年4月29日


ドバルデン!

今回はソフィアの中でもユニークでオシャレなホステルを2軒ご紹介します。

まず1件目は"Red Bed and Breakfast"

住所:15 Luben Karavelov St, Sofia 1142, Bulgaria

このホステルの特徴はレッド・ハウスとして知られる歴史的な建造物にあります。

1920年代に建てられたブルガリアを代表する彫刻家アンドレイ・ニコロフの自宅をホステルに改築して、
建物はギャラリーや講演会場としても使用されています。

ここは空港から84番のバスに乗ると最後のバス停の近くなので、ソフィアの1泊目に最適かなと思います。

それでは、写真でホステルまでの道案内をしましょう。

バス停を降りるとこんな感じ。

blog-04-01-01.jpg

バス停の正面にあるブルガリア青年・スポーツ省の建物を確認して下さい。

blog-04-01-02.jpg

これが84番の停留所です。

blog-04-01-03.jpg

地下道を歩いて交差点の向こう側にあるスターバックス・コーヒーに向かいます。

blog-04-01-04.jpg

地下道の中には警備員がいますが、暗いので女性ひとりの場合は気をつけて下さい。

ソフィアに3軒しか無い貴重なスターバックス・コーヒー。

チェックインする前にここで一休みしてもいいですね。

blog-04-01-05.jpg

スタバの道(ヨシフ・グルコ将軍通り)をヴァシル・レフスキ国立競技場の方に向かって歩いて行きます。

このスーパーが見えたら路地を右折して下さい。

blog-04-01-06.jpg

この通りがルーベン・カラベロフ通りです。

マトリョーシカが目印のロシア系パン屋さんを目指して歩いて下さい。

blog-04-01-07.jpg

この赤い建物がレッド・ハウスです。

blog-04-01-08.jpg

こちらが正面玄関になります。

blog-04-01-09.jpg

中に入るとこのバナーが見えます。

レッドB&B に着きました。

blog-04-01-10.jpg

blog-04-01-11.jpg

この日は生憎満室で部屋の中の写真は取れませんでしたが、こちらのサイトから部屋の写真をご確認下さい。

http://www.redbandb.com/rooms.aspx

部屋は1泊朝食付で25ユーロから

チェックインは朝の9時~9時まで(午前中に着く方には最適)

チェックアウトは午前11時半

部屋の値段はちょっと高めですが、ソフィアの歴史的建物に泊まるのも面白いかもしれませんね。

では、次回はもっとリーズナブルなホステルをご了解します。

ドスコーロ!(ブルガリア語でまたね!)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

嶋崎 毅

ブルガリア・旧ソフィア特派員の嶋崎 毅が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブルガリアブルガリア/旧ソフィア特派員
名前:嶋崎 毅

嶋崎 毅

ソフィア特派員トップにもどる

その他のブルガリアの特派員

ソフィアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソフィア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > ソフィアのオシャレなホステル情報01

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について