トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > ローズオイル

ブルガリアブルガリア/ソフィア特派員ブログ

ローズオイル

カテゴリー:美容・健康・病院 投稿日:2009年6月 9日

roseoil_01.JPG

バラの王国ブルガリア。
バラの谷。


roseoil_02.JPG

朝日が昇りはじめる午前4時頃からバラの収穫がはじまります。


roseoil_03.JPG

朝露をたっぷり含むうちにバラを収穫しなければ、
日が昇りきってしまうとバラに含まれる成分が蒸発してしまいます。


roseoil_04.JPG

朝4時頃から9時頃までの約5時間、一人当たり約20〜30kg前後のバラを収穫します。


roseoil_05.JPG

こうして大きなビニール袋に詰め込まれたバラは計量され、
1kg辺り0.60レヴァ(約40円)でローズオイルメーカーに買い取られます。


roseoil_06.JPG

ぎゅうぎゅうに詰め込まれたバラ袋。
一袋約10kg、6レヴァ(約400円)也。
安っ!?


roseoil_07.JPG

こうして早朝に摘まれたバラはすぐにローズオイル蒸留所に運ばれます。
もたもたしていると香りがドンドン落ちていくので時間との勝負です。


roseoil_08.JPG

次から次へと「カザン」という大釜にバラの花をどさどさ投入。


roseoil_09.JPG

たくさんのバラと水を入れたカザンに火をいれて水蒸気蒸留します。


roseoil_10.JPG

やがて上層に純粋なローズオイルが分離して下にローズウォーターが生成されます。


roseoil_11.JPG

純粋なローズオイル約1リットル、末端価格で約4500EUR(約60万円)也。
高っ!?


バラの花、1kgで40円なのにローズオイルは1リットルで60万円?
それもそのはず、純粋なローズオイルはバラの花びら約4〜5kgから僅か1グラムしか採れません。
生のバラの花の末端価格が1000kgで4万円。5000kgで20万円。
これに蒸留所の経費と儲けが加わって、60万のローズオイルということですね。


そして生成されたローズオイルの多くはフランスや日本といった外国産業に売られていきます。
ありとあらゆる香水、美容品、トイレットペーパーなど芳香の入った各種製品に姿を変えています。


roseoil_12.JPG

ブルガリア国内ではローズオイルやローズウォーターを元に作られた、
多種多様なバラ製品の数々がお土産やさんや薬局などで売られています。


そんなローズオイル、昔はバラの谷地方の村々で「伝統民族薬」として使われていました。
ローズオイルは体にとてもよくあらゆる効能があることが現代医学により証明されていますが、
昔の人もそれを知ってか知らずか、歯痛止めや胃痛や肝臓の病、炎症、精神病などといった
ありとあらゆる病の予防や治療にローズオイルを調合して使っていたそうですよ。


ローズオイルの伝統民族薬としての逸話は結構面白いものが多いので、
また後日ゆっくり書きます(覚えてたら・・・)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

神戸 利浩

ブルガリア・旧ソフィア特派員の神戸 利浩が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブルガリアブルガリア/旧ソフィア特派員
名前:神戸 利浩

神戸 利浩

ソフィア特派員トップにもどる

その他のブルガリアの特派員

ソフィアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソフィア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > ソフィア特派員 > ローズオイル

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について