トップ > ヨーロッパ > マケドニア > スコピエ特派員 > 旧約聖書の世界をみた!

マケドニアマケドニア/スコピエ特派員ブログ

旧約聖書の世界をみた!

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2008年6月23日

山歩きの好きなおばがハイキングの友達とマケドニアにきてくれたので、スコピエから2時間ほどの山に登ってきた。名前はポポバシャフカ連峰。2000M級の山々がつらなる。
今スコピエは日中33度から38度にあがるが、そこは20度以下で風がふくものだから 少し寒い。まだ,雪渓ものこっている。

 マケドニアにアルピニズムはあるもののそんなにポピュラーではないからポポバシャフカに登山道はない。地図はあるらしいが、それはミリタリーの手の中にあるらしい。私はよくパートナーとジーナ(イヌ)と山歩きにいくが,時々冷戦時代の産物をみる。やぶれた砂袋とか塹壕とかみると歴史を肌にかんじすぎてこわくなる。
 私たちはGPSをもっているから道に迷うことはなく車にもどることができることは、今の時代に感謝する。
 
私たちがいつもあるくのは、羊飼いと羊たちがあるくみち。羊は足が小さいから道のはばは20cmくらいなのだけれど、ちゃんと歩きやすいようにみちはジグザクと頂上へみちびく。少し人間用にはせまいから靴とズボンのあいだに草がつきささることをのぞけば 快適な登山道だ。

1,ロシア製ラダという車でがんがんいく。四駆を楽しみたい方も是非マケドニアにどうぞ。ご紹介します。
IMG_4186_DxO_raw.jpg
2、雪渓
IMG_4194_DxO_raw.jpg
IMG_4238_DxO_raw.jpg
3、羊をみまもる羊飼いと私。長いときになると30日以上も羊をつれて山から山へとあるくらしい。オオカミもでるのでシャープラリネッツというどでかいバルカンのシェパードがいつもひかえている。夜は非常にさむいが羊のむれにはいるととても暖かいとのこと。臭いのじゃないかと懸念するが。あと、必需品としては長い杖。どのようにつかうかというと、羊が群れからはなれたらそれに向けて思い切り投げる。羊はたちどまりシェパードが群れにみちびく、の図。だが、旧約聖書とちがうだろうとおもわれる点は携帯電話も必需品、というところでしょうか。

IMG_4207_DxO_raw.jpg
IMG_4198_DxO_raw.jpg
4、高山植物。一つはリンドウの種類とおもわれる。
IMG_4211_DxO_raw.jpg
IMG_4234_DxO_raw.jpg

IMG_4237_DxO_raw.jpg
5、草がとてもおいしかった、とのこと

%90%E3%82%F0%8Fo%82%B7%97r_raw.jpg


 この一面のやま、8月には一面のブルーベリーの山となるのです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

佐川 知子

マケドニア・スコピエ特派員の佐川 知子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マケドニアマケドニア/スコピエ特派員
名前:佐川 知子

佐川 知子

スコピエ特派員トップにもどる

マケドニア その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

スコピエ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > マケドニア > スコピエ特派員 > 旧約聖書の世界をみた!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について