トップ > アジア > シンガポール > シンガポール特派員 > [台湾]ミシュラン授賞式も開催、マンダリンオリエンタル台北「雅閣」

シンガポールシンガポール/シンガポール特派員ブログ

[台湾]ミシュラン授賞式も開催、マンダリンオリエンタル台北「雅閣」

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2018年3月 6日

台北の中心街にほど近い、地下鉄スタジアム駅から徒歩圏内に建つ豪奢なヨーロッパ調の建物、マンダリンオリエンタル台北。
その中国料理のメインダイニングが「雅閣」です。

去年4月に、香港出身で、福臨門で10年間働き最後には料理長を務めた後、深センのフォーシーズンズホテルで料理長をしていたTse Manシェフを招き、新しいスタイルの中国料理を提供しています。
Tse シェフのポリシーは、重いソースを使わず、新鮮な素材の味を生かしたピュアな味わいを追求する中国料理。食材の組み合わせには、中国の陰陽の考えも取り入れているそう。

th_1スクリーンショット 2018-03-04 23.20.33.jpg

まずは、「香港ロースト」と呼ばれる、香港名物の焼き豚と、子豚の丸焼き。カリカリの皮にジューシーな肉質の子豚、そしてこの焼き豚は、あのデビッド・ベッカムも絶賛したものだとか。

th_1IMG_0383.jpg

ここは台湾ということで、どちらも、台湾の黒毛の豚を使い、専用のオーブンを使って焼いているそう。甘いプラムソースを添えて。

th_1IMG_0384.jpg

点心は、活けの海老を使っているという海老の水晶餃子、プリッとした臭みのない海老の食感に納得。甘辛く煮た小さなアワビの乗ったシュウマイと共に。

th_1IMG_5944.jpg

腸粉は、しっとりとスムースな皮の中に、食感の対比が楽しい、カリカリに揚げた春雨、クワイ、旨味をプラスする海老のペーストと干し椎茸が入っています。上から干し貝柱を揚げたものを散らして。

th_1IMG_0390.jpg

ツバメの巣のスープは、鶏肉と金華ハムで取った上湯スープをベースに、ふわっとした柔らかい食感でしっかりと香りがある、台湾産の蟹、フラワークラブの身と、サクサクした食感のホタテの貝柱の取り合わせ。この上湯スープが、上品な旨味のあるとても洗練された味で、気に入りました。

th_1IMG_0396.jpg

th_1IMG_5964.jpg


続いて、同じくフラワークラブを、今度はグラタン仕立てに。カニの形の器も、なかなか中国料理では見かけないプレゼンテーション。

th_1IMG_5965.jpg

フラワークラブの殻の中に、贅沢に2〜3匹分のフラワークラブの身を玉ねぎとベシャメルソースで合わせたグラタンが入っています。

th_1IMG_0402.jpg

上には卵黄とクリームを混ぜたものを塗って、艶よく、またカリッと仕上げています。

今月14日に、いよいよミシュランガイドブックが台湾に上陸し、授賞式と合わせてガラディナーが行われることになっているマンダリンオリエンタルホテル。メインディッシュとデザートそれぞれ一品を提供するそうです。

一足早く、そんなミシュラン・ガラディナーのメニューをいただきました。福臨門では、フカヒレやアワビ、ナマコなど、乾物の担当だったというTseシェフのシグネチャーは、ナマコ。

th_1IMG_0403.jpg

このナマコは、余計な味を加えすぎないように、動物由来の出汁ではなく、様々な種類の秘伝の中国のハーブを使った出汁のみで仕上げてあります。この出汁は、福臨門スタイルではなく、Tseシェフ長年の経験で生み出したオリジナル。
ナマコ自体はやや小ぶりで、表面はややカリッとしていますが、何よりも印象的だったのが、熟成したバルサミコ酢のような、少しキャラメリゼした感じのある奥深い香り。醤油と生姜の味も感じます。柔らかさはありながらも、緩んだ水っぽい感じがないのは、多くのシェフは、ナマコを水で戻す時に3〜5日間かけて戻すところを、ナマコの自然な味を引き出すために2日だけにしているから。なんでも、やりすぎるのではなく程よいバランスが大切、その辺りの見極め、ピンポイントで狙い定めて「あるべき形」に焦点を合わせた料理を作っているのを感じます。

この日は、ナマコの上にかけられた海老の卵を乾燥させたパウダーの印象と重なる、生の桜エビを揚げたものと、ブロッコリーが添えられていました。
中国料理ではなかなか見かけない、ミニマルでモダンなプレゼンテーションも素敵でした。

th_1IMG_5976.jpg

実際の当日のメニューの付け合わせは、山椒の仲間「馬告(マガオ)」の花。

th_1IMG_5999.jpg

野菜の出汁がベースのナマコとの相性が良い、柑橘類やジンジャーの花を思わせる香りとシャキシャキした食感が絶品でした。

th_1IMG_0421.jpg

デザートは、プレデザートやグラニテのようなバランスの、フルーツの自然な甘みを生かしたポメロ入りのマンゴーサゴ。

th_1IMG_0413.jpg

そして、ソルテッドエッグヨーク入りのパオ。

th_1IMG_0410.jpg

しっとりふんわりとした皮、台湾のフレッシュクリームと塩漬け卵黄で作ったフィリングは、塩漬け卵黄の濃厚さをクリームのまろやかさが和らげ、重すぎず、程よい甘み。

th_1IMG_5991.jpg

3月14日、Mandarin Oriental Hotel Taipeiでは、午後6時半からのガラディナーに続いて、初の台湾でのミシュラン受賞レストランが発表されます。どの店に星が輝くのか、今からとても楽しみです!

th_128767669_10215143996171133_267447314_o.jpg

<DATA>

■Ya Ge (雅閣)
営業時間:ランチ 12:00~14:30 (平日)、11:30〜(土曜、日曜、祝日)、ディナー 18:00~22:00 (無休)
住所:3F Mandarin Oriental Hotel Taipei,158 Dunhua North Road, Taipei 10548, Taiwan
TEL:+886 2 2715 6788
URL: https://www.mandarinoriental.com/taipei/songshan/fine-dining/restaurants/chinese-cuisine/ya-ge
アクセス:MRT台北アリーナ駅から徒歩6分程

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員の仲山 今日子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

シンガポールシンガポール/シンガポール特派員
名前:仲山 今日子

仲山 今日子

元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

シンガポール特派員トップにもどる

シンガポールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

シンガポール特派員トップにもどる

トップ > アジア > シンガポール > シンガポール特派員 > [台湾]ミシュラン授賞式も開催、マンダリンオリエンタル台北「雅閣」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について