トップ > 日本 > 新庄・山形特派員 > 新庄市国指定名勝「本合海」のみどころ①

日本国内日本国内/新庄・山形特派員ブログ

新庄市国指定名勝「本合海」のみどころ①

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年6月24日

川の長さ229km、全国で7位の「最上川」。
古くから、人と物資と文化を運ぶ道として役割を担いました。
とくに、新庄市本合海地区を流れる最上川は、
舟運の中継地として栄えました。

motoaikai1.jpg
↑本合海大橋(内陸と庄内を結ぶ橋)

源義経の伝説が残り、江戸時代には松尾芭蕉が川を下るなど文学にも
大きな影響を与えた景勝地です。
この本合海の眺めは、平成26年10月に「おくのほそ道の風景地」として国名勝に指定されました。

八向楯紅葉13.JPG

この国道47号線本合海大橋の辺りから、白い岸の上に矢向楯跡があり、
岸の中腹には、義経一行も拝んだとされる、赤い社の矢向神社があります。
昔から、最上川を行き来する川船の守り神として信仰されています。
八向楯5.JPG
また、矢向神社は「日本武尊(ヤマトタケル)」を祭神としています。
どうやら、矢向楯断岸のところが人の顔に見える場所があります。
地元の人の話だと、矢向神社の上に浮かび上がってきたことから、
「日本武尊(ヤマトタケル)」が見守ってくれているのではないかという話があります。
ぜひ、探してみてくださいね。

八向楯紅葉16.JPG

残念ながら、この鳥居の向こうの矢向神社へは船で登り口に行くしかなく、
今は、一般の人がお参りは行けなくなっています。
地元の人が船でお参りしているそうです。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

まつとみ

日本国内・新庄・山形特派員のまつとみが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/新庄・山形特派員
名前:まつとみ

まつとみ

新庄観光協会でお仕事をしている二人がディープな山形情報をお届け!おいしいもの大好き写真大好きです。四季折々の風景と山形県民の熱い人柄粋なお店などてんこ盛りでお届けします。みでケロな~(見てくださいね~!)
Facebook DISQUS ID @disqus_Eo1l3GHv66

新庄・山形特派員トップにもどる

その他の山形県の特派員



山形県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

新庄・山形特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 新庄・山形特派員 > 新庄市国指定名勝「本合海」のみどころ①

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について