トップ > 日本 > 新庄・山形特派員 > 2019年6月16日(日)24畳の凧が空へ舞いあがります

日本国内日本国内/新庄・山形特派員ブログ

2019年6月16日(日)24畳の凧が空へ舞いあがります

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年5月27日

新庄駅東口にある最上中央公園にて第12回新庄凧フェスティバルが開催されます!
今年で12回目を迎えるこのフェスティバル。

P6180173.JPG

なぜ「新庄で凧?」
と疑問に思う人もいるのではないでしょうか?

時代は遡りますが、明治時代初め、士族の内職として、
旧新庄藩士隠明寺勇象家(おんみょうじゆうぞう)が
父からからもらった江戸凧を思い出して、作ったのが始まりで
版木を彫っていたそうな。
これで刷った凧を販売した際の、版木があり、
「隠明寺凧絵版木」として
県有形民俗文化財にも指定されています。

P6180162.JPG

版木は全部で12点(32面)あり、絵柄は江戸錦絵の系統に属するそう。
数ある絵柄のうち、最も代表する絵柄が「般若」です。
地元の長沢和紙を使い、さらに障子張りという骨組みを用いるため、
非常に頑丈な作りとなります。

P5280142.JPG
※写真はレプリカ

息子の常太郎が受け継いだものの、
明治後期、急激に増えた電線に凧が引っかかるため凧づくりを封印。
昭和38(1963)年、常太郎の三男・憲夫氏が初代の版木を発見し、
43(1968)年に隠明寺凧保存会を結成したそう。

P6180215.JPG

この隠明寺凧保存会主催の新庄凧フェスティバル2019年6月16日(日)
9時30分~12時まで、新庄駅東口の最上中央公園にて開催されます!
県内外から参加者が訪れ毎年大人気のフェスティバル!

なんといっても目玉は、現在新庄駅併設「ゆめりあ」に展示してある、
畳24畳分の凧「福助」が空に舞い上がります!

P5280146.JPG
↑実際に展示してある写真

このほかに次にこの場所に展示される別の絵柄の凧も
当日作成するようです。
P6180151.JPG
↑2年前に般若の柄を作っている風景

また、凧がなくとも参加自由で子供たちも凧上げができます!
ぜひ、遊びに来て観てくださいね~!
凧の魅力にはまるハズです!


第12回新庄凧フェスティバル2019
日時:2019年6月16日(日)
時間:9時30分~12時
場所:最上中央公園(新庄駅東口)

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

まつとみ

日本国内・新庄・山形特派員のまつとみが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/新庄・山形特派員
名前:まつとみ

まつとみ

新庄観光協会でお仕事をしている二人がディープな山形情報をお届け!おいしいもの大好き写真大好きです。四季折々の風景と山形県民の熱い人柄粋なお店などてんこ盛りでお届けします。みでケロな~(見てくださいね~!)
Facebook DISQUS ID @disqus_Eo1l3GHv66

新庄・山形特派員トップにもどる

その他の山形県の特派員



山形県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

新庄・山形特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 新庄・山形特派員 > 2019年6月16日(日)24畳の凧が空へ舞いあがります

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について