トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 人知れず奥永源寺に架かる橋

日本国内日本国内/滋賀特派員ブログ

人知れず奥永源寺に架かる橋

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年10月17日

紅葉で有名な永源寺。
そこから国道421号を三重県の県境を目指して進むと、「奥永源寺」と呼ばれるエリアに入ります。


鈴鹿山脈に源流をもつ愛知川(えちがわ)に沿って広がる東近江市。奥永源寺はその最も上流部にあり、「宇治は茶処、茶は政所」と茶摘み歌にも歌われた政所(まんどころ)や、ロクロを使った木工職人「木地師(きじし)」の発祥の地と呼ばれる蛭谷や君ヶ畑などの集落が存在します。


そんな愛知川の源流の流れに茶屋川があり、電力会社が設置している吊橋があるのです。


iba01.jpg

県境にある石榑トンネルの500mほど手前にある旧道から入り、橋を一本渡って林道へと入っていきます。
橋から100mほどのところにこの看板が現れます。


iba02.jpg

階段をしばし進むと......


iba03.jpg

吊橋が現れました。
店員は4名と書いてあるので、大勢で渡れるようなものではありません。


iba04.jpg

幅は人ひとりが渡れるくらいしかありませんし、けっこう揺れますよ。


iba05.jpg

別の場所から撮影してみました。ひと目につかない場所に、ひっそりとたたずむ吊橋です。この日も当然ながら私たち以外誰もいません。
吊橋の下には透き通った清流が流れ、周囲には静寂が広がっています。


iba06.jpg

さらに奥に行くと、もう1本吊橋がありました。
こちらは最初の橋よりもさらに長い吊橋ですね。先程の橋は茶屋川の支流にありましたが、こちらは茶屋川を跨ぐ形で架けられています。


iba07.jpg

橋の下には清らかな流れと、木々の緑。あとは木々の上に青い空が広がっていました。
楓の木もいくつか見られたので、きっと秋が深まるころにはとてもすばらしい景色が見られることでしょう。



iba08.jpg

奥永源寺エリアの入口には道の駅「永源寺渓流の里」があります。


iba09.jpg

iba10.jpg

道の駅では、政所のお茶や、木地師の里の木工製品など奥永源寺ならではの魅力的なおみやげを手に入れることができます。
また敷地内にある「魚幸商店」では、おいしいピザも食べられます!


もちろん渓流の幸、イワナやアマゴといった川魚料理を提供するお店も多くありますよ。
この秋、奥永源寺に癒やされに来てみては?



東近江市観光協会では、11月6日にこの奥永源寺の秘密を知ることができるサイクリングツアー「ガイドとまわるぐるっと東近江サイクリングツアー秋色の原風景・木地師と政所茶のふるさとへ」が開催されます。

https://www.higashiomi.net/media/recruit/a293

坂道でもラクラクのEバイクをレンタルして、少人数の旅が楽しめますよ。
今回紹介した茨川の吊橋もルートに入っているので、ぜひご参加くださいね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員のFUNAZUSHI-MARUが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/滋賀特派員
名前:FUNAZUSHI-MARU

FUNAZUSHI-MARU

古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

滋賀特派員トップにもどる

滋賀に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

滋賀特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 人知れず奥永源寺に架かる橋

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について