トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 坂本のよもぎ餅専門店〜比叡 三九良(さんくろう)

日本国内日本国内/滋賀特派員ブログ

坂本のよもぎ餅専門店〜比叡 三九良(さんくろう)

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 投稿日:2021年8月21日

JR湖西線・比叡山坂本駅から日吉大社参道を、500mほど歩いた先にそのお店はあります。


sy01.JPG

蓬餅の専門店は珍しいので以前から気になっていた「比叡 三九良」 さん。


たまたま通りかかることがあったので、これはチャンスと立ち寄ってみました。


sy02.JPG

お店に入ると、玄関入ってすぐで持ち帰り用の蓬餅販売所があり、奥はイートインが可能なお座敷となっています。
この日はとても暑くて、メニューにあった「蓬(よもぎ)氷」という文字に惹かれ、奥で涼ませていただくことにしました。


座敷に通されると、いかつい甲冑がずらり。
これ、坂本で毎年4月に行われる日吉大社のお祭り「山王祭」で使われていたものだそうです。


sy03.JPG

イートインスペースはご自宅の一部だそうですが、かき氷を食べるにはあまりに豪勢な料亭のような雰囲気に少したじろぎます......。


sy04.JPG

ということで、私は縁側のテーブル席へ。


sy05.JPG

こちらからは立派なお庭を見ながら過ごすことができます。



待つこと数分。


sy06.JPG

蓬氷が登場!


今回は追加トッピングの蓬餅もお願いしました。


sy07.JPG

ほんのりと蓬が香るシロップは、とてもさっぱりとした甘さ。
トッピングの蓬餅は、通常の蓬餅とは違い甘さ控えめな小豆が練り込まれています。
氷の冷たさと相まって、ハーブのように喉の奥がすうーっとする爽やかな甘さが心地よいおいしさ。
かき氷の抹茶はよくあるけど、蓬は珍しいのでどんな味か半信半疑でしたが、これはとてもクセになる味です。



sy09.JPG

帰りに蓬餅をお持ち帰り。


この地域では、山王祭の行われる春に新芽を出す蓬を使ってお餅を作る風習があったのだそうです。そんななか、お店の先代である三九良さんの作られる蓬餅がおいしいと評判になり、こちらで販売され始めたのが2012年のこと。
お店の歴史自体は割と新しいですが、1200年続く山王祭と地域に根付いた風習を今に伝えるお店だったのですね。


蓬は滋賀県産の若葉のみの春積み蓬をふんだんに使用して作られいます。ウグイス豆のきな粉の薄緑色を纏って、見た目にも美しい。食べてもさっぱりとした甘さの餡と、フワーッと鼻を通る蓬の香りがすばらしい一品です。
滋賀県は和菓子の実力もかなりレベルが高い県ですが、蓬餅専門店の味をぜひ味わってみてほしいと思います。



【比叡 三九良】
・住所: 〒520-0013滋賀県大津市坂本6-28-3
・電話: 077-578-1720
・営業: 10:00~17:00
・定休: 毎週月曜日、第2火曜日
・アクセス: JR湖西線・比叡山坂本駅から徒歩約5分/京阪電車・坂本比叡山口駅から徒歩約4分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員のFUNAZUSHI-MARUが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/滋賀特派員
名前:FUNAZUSHI-MARU

FUNAZUSHI-MARU

古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

滋賀特派員トップにもどる

滋賀に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

滋賀特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 坂本のよもぎ餅専門店〜比叡 三九良(さんくろう)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について