トップ > 日本 > 滋賀特派員 > この夏、ビワイチ新スポットが登場!

日本国内日本国内/滋賀特派員ブログ

この夏、ビワイチ新スポットが登場!

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年7月30日

こんにちは、フナズシマルです。


連日、たいへん暑い日が続いていますね~。テレビでも東京オリンピックでは連日のメダルラッシュがアツい!
ということで、滋賀県でもいまビワイチがさらにアツいです。


コロナの影響で一昨年に比べればビワイチサイクリストも減ってはいますが、ここにきて戻りつつあるようですよ。
そんなビワイチをさらにアツくするスポットがこの夏、2ヵ所も増えたので紹介したいと思います。




ビワイチといっても本当にまるまる琵琶湖一周すれば約200km。
ただ一般的に多くの人が走っているのが、琵琶湖大橋から北方面だけを走る北湖ビワイチ・通称キタイチです。
それと比較して200kmを走るビワイチをフルビワイチなんて呼んだりします。こちらがナショナルサイクルルートとなっているのです。


bi01.JPG

このナショナルサイクルルートの起点となっているのが、瀬田の唐橋です。今年2021年の6月、その瀬田の唐橋のたもとに新しいモニュメントが設置されました。


bi02.JPG

これは、瀬田ライオンズクラブの創設55周年を記念して作られたもので、御影石の碑には「ビワイチ出発の地 一周196キロ」と記されています。
隣には自転車をかたどったステンレス製のモニュメントもあり、ビワイチの気分を盛り上げてくれていますね。


bi03.JPG


bi04.JPG

近くにはサイクルラックや、日陰となる木の下にテーブルも設置されており、瀬田川の流れを眺めてユックリできるのがいいですね。




bi05.JPG

もう1ヵ所は、ビワイチサイクリストにとってはメジャーなスポット・なぎさ公園に登場です。
ちょうどいまの時期はひまわり畑がにぎわっていますよ。


琵琶湖サイクリストの聖地碑のあるエリアと同じ場所ですが、聖地碑よりさらに奥に設置されています。


それが、

bi06.JPG

「BIWAKO」のロゴのモニュメントです!
こちらは守山ロータリークラブの創設50周年記念事業として6月末に設置されたもので、琵琶湖や遠く比良山系をバックに、ブルーとホワイトの対比がたいへんきれいなモニュメントとなっていますね。


bi07.JPG

設置されてからすぐに多くの人が訪れており、インスタなどにはたくさんの写真がアップされていますよ。わずか1ヵ月でいっきにみんなに知られるようになっており、いまのところ注目度がすごく高いスポットですね!
サイクリスト以外の人にもBIWAKOをバックに撮影できるスポットとして広がっていきそうです。




さあ、この夏はびわ湖の新しいスポットで、密を避けつつ楽しんでみませんか?




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員のFUNAZUSHI-MARUが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/滋賀特派員
名前:FUNAZUSHI-MARU

FUNAZUSHI-MARU

古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

滋賀特派員トップにもどる

滋賀に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

滋賀特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 滋賀特派員 > この夏、ビワイチ新スポットが登場!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について