トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 極寒の湖岸に生まれる不思議な冬の贈り物

日本国内日本国内/滋賀特派員ブログ

極寒の湖岸に生まれる不思議な冬の贈り物

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2021年1月12日

こんにちは、滋賀県特派員のフナズシマルです。


いやー寒い、寒すぎます!
コロナで緊急事態宣言が出ている最中にもかかわらず、全国的に大寒波が襲ってきております。
北陸ではまたもや車の立ち往生が発生しているとか、もう勘弁してほしいって感じです。


滋賀もこの3連休はどのエリアも最高気温が2度くらい、最低は氷点下となっております。
しかも風も強い......


しかし、こういう条件のときにだけ発生するおもしろい現象が琵琶湖の湖岸で見られるのです。




それが、「しぶき氷」!
(しぶきを変換すると飛沫となり字面がよろしくないので、ここはひらがなで表記させていただきます。報道メディアもほぼひらがな表記ですね。ややこしいですから......)


sg01.JPG

通常冬はよく琵琶湖には湖西から強烈に吹きます。船しか交通手段がなかった頃は、それで船が転覆することもよくあったほど。そこから「急がば回れ」のことわざができたといわれるくらい強い風なんです(草津の港で船の風待ちをするくらいなら、遠回りして瀬田の唐橋を渡って大津へ行ったほうが早いという由来)。
ちなみに比叡山から降りてくる風を「比叡颪(おろし)」と言います。


そんな風の強い夜に気温が氷点下まで下がると、湖岸に吹きつける風が波しぶきを起こし、それが湖岸の草木に「氷柱」となって凍りつくのです。


実は3年ほど前にも「琵琶湖ツララ」と勝手に名づけて当ブログにて紹介しております。


【琵琶湖ツララ出現!】  ※2018年2月


というわけで、前回ブログに引き続き湖岸調査に行ってきました。




琵琶湖には湖岸沿いが緑地公園になっており、各エリアには駐車場やトイレが設置されている場所も多くあります。
今回は草津市の志那(1)、津田江、あと守山市の木浜を中心に見てきました。
それでは、琵琶湖の湖岸に現れた氷の世界をご覧ください!


sg02.JPG

sg03.JPG

sg04.JPG

sg05.JPG

sg07.JPG

sg08.JPG

sg10.JPG




いかがですか? 某ディ○ニー映画の◯◯雪に出て来そうな氷に包まれた世界でしょ?
ただ、写真を撮る手の感覚がなくなるくらい寒いですがね......。




sg06.JPG


この「しぶき氷」を見るなら朝一がおすすめです。寒い時期は外に出るのは億劫ですが、ちょっと早起きして湖岸に出かけてみてはいかがですか?
すてきな景色に出合えますよ。



この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員のFUNAZUSHI-MARUが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/滋賀特派員
名前:FUNAZUSHI-MARU

FUNAZUSHI-MARU

古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

滋賀特派員トップにもどる

滋賀に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

滋賀特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 極寒の湖岸に生まれる不思議な冬の贈り物

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について