トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 2021年・新春の湖岸をぶらり、菜の花と水鳥と...

日本国内日本国内/滋賀特派員ブログ

2021年・新春の湖岸をぶらり、菜の花と水鳥と...

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2021年1月10日

2021年スタート!
新年明けましておめでというございます。フナズシマルです。


2021年になってすでに10日経ってしまいました。(ご挨拶が遅くなってスミマセン!)
2020年は未曾有のパンデミックにより、観光業界にとっては非常に厳しい一年でしたが、今年に入っても首都圏で2度目の緊急事態宣言が発令されるなど、相変わらず大変な日々が続いています。


できるだけ移動を控えよとか外出をするなと言われてはいますが、ソーシャルディズタンスをきちんととって、マスクの着用や手洗いうがいなど対策を行ったうえで、たまには良い景色を眺めに出かけるのはむしろ身体的にも精神的にも健康でいられると私は思います。


ということで、関西圏における近くて便利でお手軽なアウトドアフィールド「滋賀」の情報を今年も(特にお外メインに...)発信していきたいと思います!




新年一発目ということですが、気張らずにここはやはり琵琶湖周辺のご紹介から...。


kg01.JPG

早春の風物詩となっている守山市・なぎさ公園の「カンザキハナナ」が見頃を迎えています。
ちょうど年末年始に降った雪が比良山に白く積もり、最高の背景になっていますよ。




草津水鳥観察所

草津市の志那にある湖岸公園に水鳥観察所があります。


kg02.JPG

ここはシベリアから4500kmもの距離を飛んで、琵琶湖に飛来するコハクチョウの越冬場所の一つになっています。


kg03.JPG

観察小屋が設置され、期間中は環境ボランティア団体の「琵琶湖草津湖岸コハクチョウを愛する会 」の皆さんが、毎日観察されておられます。


12月にコハクチョウの幼鳥が飛来したそうですが、立ち寄った時にはいませんでした。
いつも同じ場所とは限らず、湖西や湖北にも移動するそうです。


kg05.JPG


kg06.JPG

小屋の中は暖かく、水鳥たちを驚かさないようにそっと観察することが出来ます。


kg07.JPG

と言いつつ、カモの仲間たちやユリカモメたちは人に懐いているのか、すぐ近くまでよって来てくれます。


kg08.JPG


kg09.JPG

本格的な望遠レンズでもないと鳥の飛翔写真ってうまく撮れないのですが、めっちゃ近くまで何度も寄って来てくれるので、私のコンデジでも飛翔写真が撮影出来ました。


kg10.JPG

ここでは年に数回観察会をされています。
今年は丁度来週に開催されますよ。


湖岸緑地:びわ湖にやってくる水鳥を観察しよう


コハクチョウ、来てくれるといいですね。




今年も「滋賀」をよろしくお願いいたします!




この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員のFUNAZUSHI-MARUが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/滋賀特派員
名前:FUNAZUSHI-MARU

FUNAZUSHI-MARU

古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

滋賀特派員トップにもどる

滋賀に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

滋賀特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 2021年・新春の湖岸をぶらり、菜の花と水鳥と...

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について