トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 岩間寺〜奥宮神社、秋晴れの絶景を求めて......

日本国内日本国内/滋賀特派員ブログ

岩間寺〜奥宮神社、秋晴れの絶景を求めて......

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年9月24日

なんとなく高いところへ行きたくなったので......
びわ湖から流れ出る唯一の川・瀬田川。


その堰となる「洗堰」は、京都・大阪方面の淀川水系として多くのエリアへと水を供給しており、いわゆる「琵琶湖の水止めたろか?」の滋賀県民の決まり文句の出どころとなっている場所です。


そこから南を向いて右手の山、標高443mの岩間山にそのお寺はあります。


西国三十三所第十二番札所「岩間山・正法寺」です。
ちょうど休日だった秋晴れの日に、ふと思い立って行ってみました。


iw01.JPG

通称・岩間寺と呼ばれています。


iw02.JPG

西暦722年、元正天皇の勅願により泰澄大師が開山したお寺です。
この地にあった桂の大樹より千手陀羅尼を感得し、その桂の木で等身の千手観音像を刻みご本尊としたことが始まり。


雷除けやぼけ封じのお寺としてご利益があるそうです。


iw03.JPG

境内には小さな池があり、松尾芭蕉の有名な一句「古池や蛙飛び込む水の音」の発祥地と書かれていました。


iw04.JPG

境内の奥には、いまも推定樹齢500年といわれる日本一の桂の大樹があります。
敷地の入口には神域を表す鳥居や、桂の木の前には社が置かれていますが、その後方斜面に見る人を圧倒する異様な迫力を放っている桂の大樹がありました。まさにこの山の主と思わせる姿です。




びわ湖の展望台

iw05.JPG

桂の大樹から奥へと続く道があります。
この先、徒歩約10分で「奥宮神社」にたどり着きます。


iw06.JPG

先ほどの岩間寺は滋賀県大津市でしたが、こちらの神社は京都府宇治市。
つまりこのあたりは滋賀と京都の県境となっているのです。


iw07.JPG

小さな境内には祠が3つ。
こんな場所にあるにもかかわらず、参拝者が多いのかきれいに整備された境内です。


iw09.JPG

それもそのはず、こちらの境内にはとても眺めのいい展望台があるのです。




iw10.JPG

展望台からは、琵琶湖の南側や湖南地域が一望できる絶景が広がっていました。
夜は夜景スポットとしても有名らしく、多くの人が訪れているようです。




iw11.JPG

これから秋が深まれば、境内は紅葉に包まれます。
そんな絶景を琵琶湖の眺望とともに探しに行くのもいいですよ。




■岩間山正法寺【岩間寺】
・住所: 滋賀県大津市石山内畑町82
・電話: 077-534-2412
・URL: http://www.iwama-dera.or.jp/
・拝観料: 500円※岩間寺
・アクセス: (公共交通)JR琵琶湖線 「石山駅」 下車 バス 15分 中千町下車徒歩60分、(車)京滋バイパス石山ICから約20分 駐車場50台あり



この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員のFUNAZUSHI-MARUが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/滋賀特派員
名前:FUNAZUSHI-MARU

FUNAZUSHI-MARU

古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

滋賀特派員トップにもどる

滋賀に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

滋賀特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 岩間寺〜奥宮神社、秋晴れの絶景を求めて......

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について