トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 大河ドラマ再開!光秀ゆかりの西教寺〜幻想的なライトアップで負けない夏を

日本国内日本国内/滋賀特派員ブログ

大河ドラマ再開!光秀ゆかりの西教寺〜幻想的なライトアップで負けない夏を

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年8月22日

待ってました 大河ドラマの再開決定!
コロナの影響により撮影ができず、やむなく2020年6月に放送休止に追い込まれた2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」 。 主要な場面で滋賀県が舞台となっている今回の大河ドラマに観光関係者が寄せる期待は並々ならぬものがあったかと思いますが、コロナはありとあらゆる物をズタズタにしてしまいました......。


世間ではそんなネガティブな話題ばかりのなか、ついに休止中の大河ドラマの再開が決定しました!


いよいよ8月30日、「麒麟がくる」放送再開です!




これは無類の滋賀好き、歴史好き、大河好きのフナズシマルもじっとしてはいられません。
ここは光秀ゆかりの場所へ行って、再び脳内を(麒麟がくるモード)にチェンジしたいと思います。


調べてみると明智光秀の菩提寺・西教寺がちょうど夏のライトアップイベント中らしい。
これはナイスタイミング、ということでさっそく行ってきました!




明智光秀ゆかりの地「西教寺夏のライトアップ」

イベント開始は18時30分から。遅い時間からの拝観なので、西教寺には車で行きます。
駐車場に車を停めて、総門へ向かうと......


sai01.JPG

明智の家紋である桔梗の花の色や、医療従事者への感謝・応援の意味を込めたブルーでライトアップされていました。


総門からまっすぐ境内の奥、勅使門まで参道が続きますが、


sai02.JPG

そこには普段の西教寺からは想像できないような幻想的な空間が広がっていました。


sai03.JPG

足元には大津絵の行灯、参道をおおう木々は昼間なら青々としていますが、この時間は時間を追うごとに変わる光によって色とりどりに変化していきます。


sai04.JPG

参道の一番奥にある勅使門。明智家の家紋である桔梗紋とともにブルーに浮かび上がります。


sai06.JPG

石段を登った先からは琵琶湖の夜景が広がっていました。




びわ湖大津「麒麟がくる」展の夜間開館


この日は「禅明坊光秀館」で開催中の"びわ湖大津「麒麟がくる」展"の夜間開館がありました。
※夜間は8月15日で終了。昼間は現在も開館中です。


henko08.JPG


henko09.JPG


henko10.JPG

びわ湖大津「麒麟がくる」展の室内写真 提供:(公社)びわ湖大津観光協会


「麒麟がくる」展では、メイキング映像や出演者の衣装などのドラマで使われたアイテムの展示のほか、戦国時代の近江の歴史資料展示など大河ドラマ再開に向けて気持ちを盛り上げていく展示物がたくさん!


これでドラマ再開に向けて(麒麟がくるモード)整いました!




sai05.JPG




ドラマはいよいよ(というかもう?)クライマックスに突入するようですが、ここからさらに盛り上がっていってほしいですね。
こんなふうに時間や場所をちょっとズラせば、密を避けつつ観光を楽しむことができますよ。


コロナや猛暑に負けないように......




イベント名:明智光秀ゆかりの地「西教寺夏のライトアップ」
・開催日: 2020年8月31日まで
・開催時間: 18:30~21:00


※記事中の写真については、(公社)びわ湖大津観光協会様の了承をいただき掲載しております。




【西教寺】
・住所: 滋賀県大津市坂本5丁目13番1号
・電話(びわ湖大津観光協会): 077-528-2772
・営業: 平日 9:00~17:00
・アクセス: JR湖西線『比叡山坂本駅』下車、徒歩30分
        京阪電車『坂本比叡山口駅』下車、徒歩25分

※自家用車での来場がおすすめです。
西教寺駐車場、または大宮川観光駐車場をご利用ください
(※駅から西教寺までの夜のバスの運行はありません)




この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員のFUNAZUSHI-MARUが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/滋賀特派員
名前:FUNAZUSHI-MARU

FUNAZUSHI-MARU

古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

滋賀特派員トップにもどる

滋賀に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

滋賀特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 大河ドラマ再開!光秀ゆかりの西教寺〜幻想的なライトアップで負けない夏を

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について