トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・名代 宿場そば)

日本国内日本国内/滋賀特派員ブログ

地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・名代 宿場そば)

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年5月 1日

草津の名物
草津市と言えば......、宿場町「草津宿」です。 草津市は昔の幹線道路だった旧東海道と中山道が交わる町として栄えてきました。 そんな東海道の往来には歴史的な有名人もたくさん。徳川家康も食したといわれる「姥が餅」は草津市を代表する銘菓です。


cho000_R.JPG

国道1号線で滋賀を走った人なら一度は目にしたことであろうこの看板。
「うばがもちや」と「名代 宿場そば」 のお店の前に立った大きな看板です。


こちらのお店は現在(土・日・祝日の)営業時間を短縮(11:30~17:00)しながらですが営業中です。




宿場そばのテイクアウト

cho001_R.JPG

そんな宿場そばさんもテイクアウトメニューを始められたというのでさっそく購入してみました。




テイクアウトのメニューですが、


秘伝の出汁をつかった蕎麦屋の
・天丼 700円
・玉子丼 500円
・親子丼 600円
・カツ丼 800円 ほか

となっております。私はこの中から天丼を事前に電話で注文!
指定した時間に取りに行く形式です。なのででき立てホカホカがいただけますよ。


cho003_R.JPG

なんと別添えの容器に「秘伝のタレ」が......。
直前にこちらをお好みの量をかけて食べるようになっていました。天婦羅のサクサク感をできる限り保つための工夫なのだと思います。
このタレ、ほどよい甘辛さになっており、私みたいにけっこう濃いめが好きな方でも容器の半分もかけるといい感じに天婦羅の下のご飯にタレがたっぷり絡んでくれます。
食べる直前にタレをかけることで本来のでき立ての味を損ないません。実際天婦羅はサクサクのままいただくことができました!
しかも、残ったタレもまた別の機会に使えますのでうれしい。




うばがもちやのいちご大福

cho004_R.JPG

天丼を受け取って、ふと久々に姥が餅でも......と思って隣の「うばがもちや」さんへ。
すると店頭には「いちご大福」が!
普段ならこの時期は自転車乗って出かけるとよく食べていたものです。


cho005_R.JPG

紅白いちご大福(540円 税込)

ということで、デザートにひとついただきました。




老舗の味をお家で味わう楽しみ。
それぞれのお店ではたいへんな苦労をされていることは十分承知の上ですが、その中でお店の味をどうやってテイクアウトとして表現するのか、そんな工夫もいろいろ感じながら食べさせていただいております。




草津テイクアウト・宅配グルメMAP

草津市のテイクアウト情報は、現在「草津テイクアウト・宅配グルメMAP」 というサイトでも発信されています!


こちらは草津市青年会議所が中心になって立ち上げておられます。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。



この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員のFUNAZUSHI-MARUが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/滋賀特派員
名前:FUNAZUSHI-MARU

FUNAZUSHI-MARU

古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

滋賀特派員トップにもどる

滋賀に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

滋賀特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 地元応援!滋賀のテイクアウト情報(草津市・名代 宿場そば)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について