トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 新・朝ドラの舞台「信楽」へ行ってきた! ~窯元散策編(2)

日本国内日本国内/滋賀特派員ブログ

新・朝ドラの舞台「信楽」へ行ってきた! ~窯元散策編(2)

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年10月 3日

Ogama
2019年9月30日からスタートしたNHK連続テレビ小説「スカーレット」 の舞台は滋賀県甲賀市信楽
スカーレットは、信楽の地で人生の様々な問題を乗り越えながら、陶芸への情熱に炎を燃やす女性陶芸家が主人公です。



今回も前回 に引き続き、窯元散策の続きです。


谷寛窯さんをあとにし坂道を登っていくと、道端に火鉢が。


kama12_R.JPG

信楽ではあちこちで火鉢が置いてあるのを見かけます。
昭和30年頃まで、信楽を全国区にした主力商品はタヌキの置物と、この「火鉢」だったんです。
江戸時代から信楽焼を100年支えてきた火鉢の全国シェアは、なんと80%!
それら火鉢は、このように外に野積みされていまいた。このオブジェクトはそのようすを再現したものです。



そのオブジェクトの向こう側に、またまた登り窯が...


kama09_R.JPG

こちらはギャラリー&カフェ「Ogama」(おおがま) さん。
お店の前には今は使われなくなった登り窯が、素敵な雰囲気を醸し出しています。


kama10_R.JPG

こちらの登り窯の中には自由に入れれるので、焼き物(信楽焼のタヌキ?)になった気分...。


kama11_R.JPG

登り窯の横にはカフェとギャラリー。登り窯を眺めつつ、地元朝宮産の紅茶をいただくなんて良いんじゃないでしょうか。



宗陶苑
最後は、またまた「スカーレット」のロケ地から。


kama05_R.JPG

敷地に入ると、おびただしい数の焼き物がお出迎えする「宗陶苑」 さん。
この景観は何度もメディアで紹介されているそうです。(主演の戸田さんを囲んでの取材会 も、この場所で行われたそう)


kama06_R.JPG

なんとこちらの登り窯は今も現役! 11室ある日本最大級の大登り窯は、ドラマの中で「丸熊陶業」の窯として登場しています。
現在、信楽でも多くの窯元の主流は電気釜やガス窯なんですが、宗陶苑さんでは今でも製品の7~8割をこの窯で作成されているというから驚きです。


kama07_R.JPG

中にはやっぱりアイツが...。



kama08_R.JPG


さあ、ドラマの中のあの景色を探して、信楽散策してみませんか?



【宗陶苑】
〇場所:滋賀県甲賀市信楽町長野1423-13
〇TEL:0748-82-0316
〇HP:http://www.shigarakiyaki.co.jp/top.htm
〇アクセス:
 信楽高原鉄道「信楽駅」徒歩20分(電気自動車なら8分くらい)



この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員のFUNAZUSHI-MARUが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/滋賀特派員
名前:FUNAZUSHI-MARU

FUNAZUSHI-MARU

古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

滋賀特派員トップにもどる

滋賀に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

滋賀特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 新・朝ドラの舞台「信楽」へ行ってきた! ~窯元散策編(2)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について