トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 八幡堀を自転車散歩...

日本国内日本国内/滋賀特派員ブログ

八幡堀を自転車散歩...

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年9月10日

近江八幡の旧市街地のお店でイベントがあったので、ちょこっと早めに現地入りし自転車散歩してみました。

hori1.JPG

JR近江八幡駅前にて


近江八幡はJR駅前の新市街地と、豊臣秀吉の甥っ子秀次の作った八幡山城の城下町・旧市街地に分かれており2㎞強の距離があります。歩いて行けなくはないのですが、駅前で「駅りんくん」というレンタサイクル(1日500円)を借りるのが便利です。


hori2.JPG

八幡堀 撮影:Funazushi-maru


hori3.JPG

白壁の土蔵 撮影:Funazushi-maru


旧市街地を奥まで進むと八幡堀が現れます。八幡堀はもちろん八幡山城の堀なのですが、秀次はこの堀を琵琶湖へつながる運河として整備しました。八幡堀の存在は近江商人の発展に大きな影響を与えたのです。今でも白壁の土蔵が当時の繁栄を物語っています


hori10.JPG

八幡堀は田畑を抜けて琵琶湖へつながる 撮影:Funazushi-maru


近江八幡は大津、堅田と並ぶ近江の三大港として賑わい、琵琶湖を渡る物資を積んだ船たちのほとんどが近江八幡に寄港したということです。


hori7.JPG

八幡堀を巡る手漕ぎ和船 撮影:Funazushi-maru


堀沿いに残る古い土蔵の町並みや、手漕ぎ和船の遊覧など大変風情のある近江八幡、今は滋賀県でも人気の観光地となっています。しかし高度経済成長が始まったころは、なんと堀を埋めたてる計画が持ち上がったのです。
冒頭に紹介したように新市街があるのはJRが走る場所。そこから離れた旧市街はそういった鉄道や自動車の普及とともに次第に廃れ、八幡堀は草の生い茂るどぶ川のようになってしまっていたと言います。


hori6.JPG

静かな時間の流れる堀沿い 撮影:Funazushi-maru


そんな状況だった八幡堀の保存を求め市民たちが立ち上がり、計画の見直しさせることに成功。自主清掃活動などを中心に現在のような景観を取り戻すことができたのです。
今では数多くの時代劇や映画の舞台として使われるほど素晴らしい景観が蘇り、訪れる人を楽しませてくれます。



hori11.JPG

和菓子司 にしかわさん 撮影:Funazushi-maru


自転車で八幡堀沿いをずっと辿っていくと、町はずれに昔ながらの和菓子屋さんが。私、こういうお店はつい買い食いしてしまいます。


hori12.JPG

黒ういろう 撮影:Funazushi-maru


「はちまん名物 黒ういろう」と書かれた黒糖ういろう(100円)。やさしく素朴なお味で大変美味しかったですよ。



【八幡堀】
〇場所:滋賀県近江八幡市宮内町周辺
〇TEL:0748-33-6061(近江八幡駅北口観光案内所)
〇HP:https://www.omi8.com/
〇アクセス:
 JR琵琶湖線 「近江八幡駅」 下車 バス 7分 大杉町 



この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員のFUNAZUSHI-MARUが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/滋賀特派員
名前:FUNAZUSHI-MARU

FUNAZUSHI-MARU

古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

滋賀特派員トップにもどる

滋賀に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

滋賀特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 八幡堀を自転車散歩...

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について