トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 人生初の「鮒ずし」作りにチャレンジ!(完成編)

日本国内日本国内/滋賀特派員ブログ

人生初の「鮒ずし」作りにチャレンジ!(完成編)

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年12月15日

鮒ずし完成
今年の6月【人生初の「鮒ずし」作りにチャレンジ!】 でご紹介したように、滋賀県民のソウルフード「鮒ずし」作りに人生初チャレンジしました!


そして6か月後の12月、ついにその鮒ずしが完成。樽を開けることになりましたのでレポートしたいと思います!




今年は暖冬のようで、つい先日までは冬とは思えないような暖かさだったのが、ちょうどこの日を境に寒風が吹く本格的な冬の天気に様変わり。
でも鮒ずしを取り出すのは寒い日のほうがいいのですよね。
守山市の木浜漁港でしっかりと保管してあった2つの鮒ずし樽。ようやく御開帳です。


1funa.JPG


外蓋を取ると、重しの縄にはうっすらと白いカビ。ふわっと酒粕のような香り。
「あれっ?」イメージしていたような鮒ずしの強烈な匂いはこの時点ではありません。


2funa.JPG

中蓋を恐る恐る... 開けたらブログではお見せできないような絵面ならどうしよう...

5funa.JPG


あれれ? 多少酸っぱい匂いはするものの、どことなく果実を感じさせるような爽やかな香り!
しっかりと詰め込んだご飯をかき分け、中から鮒ずしが出てきました。
通常、ご飯の上に水を張って空気が入らないようにするらしいのですが、これが強烈な匂いを発生させるもと。しかし今回の鮒ずしの付け方は「から漬け」という水を張らないで作る方法。これなら全然自宅で作っても迷惑にはならないかな。


3funa.JPG


今回は男性チームと女性チームの二つの樽で、味の違いを比べるという実験も兼ねた試食を行います。
同じタイミングで漬けて同じ場所で保管していても、ご飯の詰めかた、漬け込む際に使った手水(お酒)の具合、樽の中での鮒の位置など、様々な要素で味は変わるようです。


飯(いい)=鮒の周りについているご飯をまずは食べ比べ。
「おおっ、美味い!」リンゴを思わせるフルーティーな乳酸菌の甘酸っぱさ。これが鮒ずし?って感じです。




完成した鮒ずしを試食

6funa.JPG


漁協組合長のプロの包丁さばきで大変美しく盛り付けいただき、試食開始!


7funa.JPG


試食の結果、今回の勝負は女性チームが作った鮒ずしに軍配が上がりました。漬けるときの繊細さが効いたフワッとした味わいが新しい感じでした。男性チームのワイルド感も良かったのですが...
試食の際にはスライスしたバケットに乗せ白ワインに合わせてみたりと、なかなかお洒落な感じで美味しくいただきました。
こんな食べ方もなかなかいい感じ! 鮒ずしの世界は広いですね。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員のFUNAZUSHI-MARUが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/滋賀特派員
名前:FUNAZUSHI-MARU

FUNAZUSHI-MARU

古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

滋賀特派員トップにもどる

滋賀に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

滋賀特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 人生初の「鮒ずし」作りにチャレンジ!(完成編)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について