トップ > 日本 > 渋川特派員 > 夏はまだまだ!群馬県の百名水「箱島湧水」で涼を感じる

日本国内日本国内/渋川特派員ブログ

夏はまだまだ!群馬県の百名水「箱島湧水」で涼を感じる

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年8月20日

こんにちは!渋川特派員のらぱんです。
今回は、群馬県の北西部に位置する群馬県東吾妻町、「旧東村」を紹介したいと思います。


地球の歩き方 東村1.jpg


平成の大合併前には、群馬県には「東村」が3つありました。
その内の村のひとつが、吾妻町と合併し「東吾妻町」が誕生。

紹介したいのは、東吾妻町全体ではなく、合併前の「旧東村」にあたる場所です。


どんな場所なのかと聞かれたら、自然が豊かなところと、答えるのがベストかもしれません。
何故なら目立つ建物や目新しいものがある訳ではないからです。


けれど、週末には他県の人々が訪れる湧き水の名所や、釣り堀など
田舎ならではの穴場的なレジャースポットがあるのです。


地球の歩き方 東村3.jpg


旧東村でメジャーなのは「箱島湧水」でしょうか。
日本の100名水に選ばれた清らかな水が沸き出ています。

地球の歩き方 東村2.jpg

湧きだす水は、日量約3万トンもの湧出量を誇ります。


地球の歩き方 東村1.jpg


湧き出した水は高さ12m・幅7mの滝「山雀(やまがら)の瀑」になり、
鳴沢川(なるさわがわ)と形をかえて、
やがて、町内の飲料水・農業用水・養鱒場用水として利用されています。

地球の歩き方 東村4.jpg


箱島湧水は樹齢400年とも言われる大杉の根本から流れ出しています。
伝説では、水源が榛名湖とか。


5地球の歩き方 東村.jpg


階段をあがると不動尊の境内へたどり着きます


地球の歩き方 東村6.jpg

大杉に囲まれた厳かな雰囲気で、水の流れる音が響き渡っています。
空気は澄み、涼しい風が吹き抜けていきます。


湧き水は持ち帰りが可能です。
給水場では、共同のコップが用意されその場で飲水ができますよ。


地球の歩き方 東村7.jpg

アクセスは車が便利。
群馬県道35号渋川東吾妻線から700メートル入ったところに駐車場があります。
ここからは徒歩で200mほど山道を進みます。

地球の歩き方 東村8.jpg

砂利道で足元が悪いので歩きやすい靴がおすすめです。

地球の歩き方 東村9.jpg

こちらは駐車場に設置された野菜の無人販売所。
地元の朝採り野菜が並べられています。おすすめは名水で育ったクレソンです。
どれも100円とお値打ち品が揃っていますよ。


箱島の名物に「蛍」があります。
鳴沢川のきれいな水で育った蛍を鑑賞できるのは6月から8月。
幻想的な世界に酔いしれるのもいいですね。


群馬県の名水「箱島湧水」のアクセスは下記のとおりです。


■箱島湧水■
住所: 〒377-0301 群馬県吾妻郡東吾妻町箱島909
電話番号:0279-68-2111(地域政策課 )
公式URL:http://www1.town.higashiagatsuma.gunma.jp/www/kankou/contents/1204109954259/index.html

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

らぱん

日本国内・渋川特派員のらぱんが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/渋川特派員
名前:らぱん

らぱん

群馬県渋川市在住。子供が独立し、主人とのんびり2人暮らし。第2の人生を歩み出した主婦です。趣味は旅行・ガーデニング・パン屋巡り・ヨガ、最近は英会話を始めました。生まれは埼玉県ですが、群馬に移住してうん十年。群馬県は海こそないけれど、自然豊かで観光・温泉・美味しい地元グルメがいっぱい詰まったエリアだと感じています。主婦ライターなりに身近な話題から、旅行者にも役立つ情報を主婦目線で発信していきます。 DISQUS ID @disqus_eDml4xTAnC

渋川特派員トップにもどる

その他の群馬県の特派員



群馬県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

渋川特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 渋川特派員 > 夏はまだまだ!群馬県の百名水「箱島湧水」で涼を感じる

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について