トップ > アジア > 中国 > 深セン特派員 > 深センで気軽に食べられる美味しいチェーンのラーメン店「家家長沙米粉」

中国中国/深セン特派員ブログ

深センで気軽に食べられる美味しいチェーンのラーメン店「家家長沙米粉」

カテゴリー: 投稿日:2017年12月25日

■メインブログもよろしくお願いします!
「香港・中国深セン的観光旅行生活情報局」

深センで食べられるチェーンのラーメン屋

今日は深セン市内各所にあるチェーンのラーメン屋を紹介したいと思う。

それがこの店である。

「家家長沙米粉」
jiajiachangshamifen2.jpg

チェーン店であり、深セン各所にある。価格は市内中心部で1杯15元から20元(250円から300円くらい)とリーズナブルだ。郊外だと1元2元ほど安くなっている。




おすすめメニューの紹介

ではおすすめメニューの紹介をしたいと思う。

個人的には以下の2種類をよく頼む。結構おいしいと思う。

「榨菜肉丝面」(ザーサイ肉ラーメン)
jiajiachangshamifen4.jpg

ザーサイと肉を辛目に炒めたものが上に乗せられている。ザーサイの酸味と辛い肉炒めがラーメンとぴったりマッチ。これはおいしい!

「酸豆角肉末面」(豆の漬物と肉ラーメン)
jiajiachangshamifen5.jpg

こちらは酸豆角という長い豆の酸っぱい漬物とひき肉を炒めたものが乗っかっている。この豆の漬物が個人的にはかなり好きだ。酸っぱさが病みつきになるうまさである。

店によって値段は違うがどちらも15元~(250円程度)で食べられる。



面と粉がある

ちなみに、すべての商品で「面」と「粉」を選べる。

上の商品でいうと、「榨菜肉丝"面"」以外に「榨菜肉丝"粉"」を選択することができる。

これはどういうことか?

「面」は日本語表記だと「麺」のことだ。日本で食べるような麺である。

「粉」は中国語で小麦粉以外の材料で作られた麺のことを指す。米粉、でんぷん粉などいろいろな種類である。この店ではベトナムのフォーのような米粉の麺が出てくる。

この店に限って言えば、個人的には「面」の方がおいしいと思う。(もちろん、粉がおいしい料理もたくさんあるが)




食べてみよう

では食べてみよう。

まずは麺をすすってみる。
jiajiachangshamifen1.jpg

うーむ。うまいね。硬さも腰も日本で食べるような麺である。

日本人にも親しみやすい麺である。これはうまい。

次にスープ。
jiajiachangshamifen3.jpg

上に乗せられていた肉炒めに唐辛子がかなり入っているので、スープも辛目になっている。

ダシがきいており、しっかりと味がする。うまい!



深センに来たら行ってみてほしい

この「家家長沙米粉」は深センの各所にあるので、もし見かけたらぜひ一度食べてみてほしい。

中国深センについて書いたほかの記事も是非ご覧ください

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ペッペケ

中国・深セン特派員のペッペケが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/深セン特派員
名前:ペッペケ

ペッペケ

「ペッペケ」と申します。日本で社会人時代を数年過ごした後、中国の深センにやってきました。深センは香港のすぐ隣にある発展著しい熱い都市です。香港旅行のついでに来ることもできます。現地から深センの様子をお伝えできれば幸いです。ブログはこちら DISQUS ID @disqus_eAjn7MPOMr

深セン特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

シンセン(深セン)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

深セン特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 深セン特派員 > 深センで気軽に食べられる美味しいチェーンのラーメン店「家家長沙米粉」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について